一人旅を楽しむコツ

前回、一人旅で寂しさを感じないためのコツをご紹介しました。

それでも、一人旅に出たことのない方はいろいろ不安も多いと思います。一人旅と聞くと、「楽しい」というイメージよりも「自分探し」とか「放浪」とか「貧乏旅」とかのイメージが強いからかもしれません。そういうテーマで一人旅に行く人ももちろん多いと思います。でも、なにより楽しくなければ一人旅ってたぶん続かないです。楽しくない、好きでもないことをずっとしていたってしょうがないですから。。

「そうはいっても、一人旅だと楽しめそうにない。。。」って思われる方も多いかもしれません。そこで今回は、どうすれば旅を楽しむことが出来るのか、そのコツをご紹介したいと思います!

 

1.まずは、自分の好きなこと、興味のあることをテーマにした旅をかんがえよう

旅を楽しむ最初の一歩は、そもそも自分が行ってみたい、行きたいと思うところに行く、ということです。当たり前と思われるかもしれませんが、最初に一人旅に行くときっていうのは、意外とあまり考えずに行ってみようと思うことが多いんです。なぜかというと、「一人旅に行けば何か得られるだろう」とか旅に期待してしまうからなんだと思います。でも自分が本当に行ってみたいと思った場所じゃなければ、結局たいして面白いと感じる場面が無くて、「やっぱり一人旅はつまらないなー」という結果になってしまうことも。
旅のテーマは人それぞれ。世界遺産、きれいな景色や自然、歴史、スポーツや音楽。なんでもアリです!アニメや映画のご当地とかも僕は結構好きですね。
旅行のパンフレットを見て、少しでも「行ってみたいなー」と思える場所が見つかれば、そこだっていいんです。とにかく、自分の「好き」から旅を始めてください。

2.自由をとことん楽しむ

一人旅の良いところは、なんといっても何の縛りもない、自由な旅ができることです。せっかく一人旅に出るからには、それを味わわないともったいない!

「自由」といわれると何をしていいのかわかんない・・・となっていまうかもしれませんが、極端な話、「何かをしないといけない」と思う必要もないんです。その代り、自分の気持ちに素直になってみてください。
例えば見知らぬ街を旅すると、「どんな街なのかなー。いろいろ見て回りたいけど、ちょっと不安。。。」と思うこともあるかもしれません。特に海外だと治安が気になって、あまりうろうろ出歩くことに億劫になってしまうこともよくあると思います。もちろん、ちゃんと治安情報を確認して、人気が少ない場所や夜間には気を付けるという最低限の対応をする必要はありますが、それ以上に恐れる必要はありません。ちゃんとガイドブックなどに書いてることを守っていれば、あとは自分の思いのままに行動してみましょう。最初は不安でドキドキかもしれませんが、その一歩を踏み出すことも成長への第一歩だと思います。

寝たければ昼までホテルで寝てもよし、疲れたらジャグジーとかで贅沢にのんびり過ごすのもよし。とにかく自分のしたいことをしてみてください。

3.どんなことも「やってみよう!」の姿勢を持つ

友達との旅だとみんなと一緒なので、旅の中で偶然に見つけたものや場所、イベントがあると「ちょっと行ってみようよ!」ってことになると思います。

それは一人旅の時でも同じです。たとえば海外で街を散策しているときに、美味しそうなレストランを見つけたとき、「一人だし入りづらいな・・・」と思ってそれを逃してしまうのはもったいないです。せっかくの旅なんだし、次いつ同じ場所に来れるかもわかりません!「~したいな」と思うことがあったらどんどんしてください!自分のやりたいことが出来れば、一人でいる寂しさとか不安とかいつの間にか忘れて、感動したり楽しんだりすることに夢中になっているはずです。

4.知らない誰かとの出会いが待っていると思って旅にでる

一人旅の醍醐味はなんといっても、旅先での人との交流や出会いではないでしょうか。もちろん友達や家族と旅行に行っている時だってそういった出会いはあります。けれど、誰かといく旅よりも一人旅のほうが出会いに対する気持ちや期待も当然強くなると思いますし、こちらが一人だと同じ一人旅をしている人も接しやすいと感じます。

出会いといっても同じ旅人との出会いから、現地の人たちとのちょっとした会話までいろいろあると思います。もし一人旅で寂しいと感じることがあれば、その気持ちを出会いのほうに向けてください。ちょっとした場面、出来事でもとにかく「話してみる」ことが始まりです。そこから一生モノの出会いにつながるかもしれませんよ。

タグはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)