青春18きっぷを使って旅しよう!(2.青春18きっぷの魅力)

簡単に青春18きっぷの使い方と概要についてご紹介した前回に引き続き、今回は青春18きっぷが今なお根強い人気を持っている理由に迫りたいと思います。

いろいろな魅力が詰まった青春18きっぷ。これを知れば、あなたも青春18きっぷの旅に出たくなる!

 

破壊力抜群のおトクきっぷ

青春18きっぷは5回分がセットで1枚のきっぷになっており、値段は11,850円。

1回あたり有効期限は使った日の当日中までで、2,370円の計算になります。

日常の中で電車に乗るときはせいぜい数百円程度しか使っていないことを考えると、この値段は「高い?」と思うかもしれません。

元を取るのは意外と簡単

一見高く思える青春18きっぷですが、まずトントンにするのは意外と簡単なんです。

往復で考えた場合

往復で考えると、片道1,180円で元が取れてしまう計算です。これはどこまでの運賃かというと・・・

東京発の場合

水戸:2,268円
高崎:1,944円(湘南新宿ライン利用時)

群馬や茨城県までだと余裕で元が取れますね。

成田空港:1,320円
二宮(東海道線):1,320円
奥多摩:1,250円
このあたりが、元がとれる境界となります。

大阪発の場合

姫路:1,490円
和歌山:1,240円

いかがでしょうか。ちょっと日帰りで気軽に足を伸ばせそうな距離ではないでしょうか。

青春18きっぷだと特急列車には乗ることは出来ませんが、新快速や快速を使えば、1~2時間で上記の片道を行くことが可能です。

特急列車を使わずして驚異の移動距離

青春18きっぷは特急列車には使えず、普通列車のみしか乗車ができません。

「普通列車で1日しか使えなかったら、たいした距離も行けないんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。ここに青春18きっぷのすごいところ。

東京⇒東北方面

東京から出発して、東北方面に向かう場合、特急を使わなくても1日で青森まで到達することができます。

東京から青森までは東北本線がメインになってくるのですが、現在はJR線だけでは盛岡までしか行くことができません。

ですので、盛岡までは青春18きっぷのみ、それ以北は他の鉄道の乗車券の追加料金がかかります。

ざっくりですが、盛岡・青森までのルートをご紹介すると・・・

東京⇒上野(山手線)⇒黒磯(宇都宮線)⇒福島(東北本線)⇒仙台(仙台シティラビット:快速)⇒盛岡(東北本線)
⇒八戸(IGRいわて銀河鉄道)⇒青森(青い森鉄道)

このルートの場合、普通列車を乗り継いでいくと通常13,900円かかります。

一方、青春18切符を使うと、

盛岡⇔八戸間のいわて銀河鉄道が3,040円別途かかる以外、他の区間は青春18きっぷで乗車が可能です。
(八戸⇒青森間の青い森鉄道も、特例で青春18きっぷでの乗車が可能。)

ですので、3,040円+青春18きっぷ2,370円の合計5,410円しかかかりません。

時間はかかりますが、正規運賃の60%近い割引を受けていることになります。

東京⇒名古屋・大阪方面

東京から名古屋・大阪へも普通列車を乗り継いで行くことが可能です。

東京から大阪までとなると、途方もない時間がかかりそう、と思うかもしれませんが、ここで青春18きっぷならではの移動方法があります。

それが、今となっては珍しくもある、夜行快速による移動です。その名も

ムーンライトながら

この列車は東京⇔大垣間をつないでいる夜行列車です。

「快速」列車なので、青春18きっぷを使って乗車することができます。

ただし、全席指定席のため、指定席券(520円)を別途購入する必要があります。

また、「ムーンライトながら」は青春18きっぷが使える期間毎日運航しているわけではなく、運航日はさらに限定されます。

2016年度春の運行予定は

下り(東京→大垣):3月18日(金)~3月26日(土)
上り(大垣→東京):3月19日(土)~3月27日(日)

です。

全席指定席のため、あらかじめ指定券を購入しておきましょう。

東京⇒名古屋

東京から名古屋に向かう場合、このムーンライトながら1本で行けちゃいます。楽ですね!

ただし、注意しないといけないのは、東京から乗車(23:10発)の場合、日をまたいでしまうため、青春18きっぷ2枚を使うことになります。

仮に青春18きっぷを2枚使うと・・・

2,370円×2枚=4,740円
指定券520円

で、合計5,260円かかります。

いっぽうのムーンライトながらの普通運賃は、東京⇒名古屋で6,780円。

約20%割引でオトクですね。

ちなみに、ムーンライトながらの下り線では、日付が変わって停車する最初の駅が小田原駅になりますので、東京⇒小田原間のきっぷ1,490円を別に購入しておけば、青春18きっぷは1回の利用で済みます。

東京⇒大阪

大阪へは、ムーンライトながらの終着駅、大垣駅から

大垣⇒米原(東海道本線)⇒大阪(琵琶湖線・新快速)

で2,590円です。

青春18きっぷ2枚を使うと、名古屋と変わらず料金は5,260円。

一方の正規運賃の場合、

東京⇒大垣:7,320円
大垣⇒大阪:2,590円

で合計9,910円かかります。

青春18きっぷだと、50%近い割引料金で大阪まで行けてしまいます。

しかも、夜行列車のため移動時間を睡眠に充てることができ、時間の有効活用にもなりかなり便利です。

東京⇒博多

ムーンライトながらを使うと、大垣に到着したその日のうちに博多までの移動も可能です。簡単にルートをお伝えすると、

大垣⇒米原(東海道本線)⇒姫路(琵琶湖線)⇒岡山(山陽本線)⇒岩国(山陽本線)⇒下関(山陽本線)
⇒小倉(鹿児島本線)⇒博多

その場合、大垣⇒博多までの運賃は10,950円。ムーンライトながらの正規運賃と合計すると、18,270円の計算になります。

いっぽう、青春18きっぷを使うと料金は名古屋・大阪と変わらず5,260円。

ここまでくると、青春18きっぷのオトク感が爆発しますね。なんと正規の1/3以下の料金で行けてしまう計算です。

いかがでしょうか。移動すればするほどオトクになるのが青春18きっぷの魅力です。

 

意外と自由な使い方が可能

青春18きっぷは5回1セットで11,850円です。

一人でこれだけを使いこなすのはかなり大変なんですが、柔軟な使い方ができるのが青春18きっぷの魅力。

①複数人で使うことが可能

前回の記事でもご紹介しましたが、青春18きっぷは複数人で使うことが可能です。

例えば、5回分を5人一緒に一度に使うことも可能ですし、3回分は3人で、残り2回分は1人で2回使う、など。。

なんとなく、青春18きっぷは

「一人旅で使うもの」

というイメージがありがちですが、友達や家族で1枚5回分のきっぷを使って鉄道の旅に出るのも楽しいです。

②金券ショップで売買できる

青春18きっぷは金券ショップでも多く出回っています。

一番おおく出回っているのは、利用者と期間が最も長い夏の期間ですが、春や冬でも金券ショップで青春18きっぷを買うことが出来ます。

もともと、1回分しか使う予定がない・・・

という方は、金券ショップを回って、残数1回の青春18きっぷがあるか探してみましょう。

探す時期にもよりますが、いろいろな残回数の青春18きっぷが出回っています。

一般的に、売る場合は青春18きっぷの期間の早いうち、買う場合は期間の中頃以降が良いと思われます。

途中下車が何度でも

青春18きっぷの最後の魅力、それは途中下車が何度でも、好きなだけできるということ。

気の向くままに降りたい駅で降りて、改札できっぷを駅員さんに見せるだけ。

再び乗車する時も駅員さんに見せるだけで乗車できます。

通常、JR線では片道100キロの営業距離を超えない場合は途中下車が認められていません。

100キロというのは東京都を出てもまだ足りないぐらいの距離なうえ、東京や大阪といった大都市では、「大都市近郊区間」という定めがあり、たとえ100キロを超えていたとしてもこの区間内での途中下車は出来ません。

ですが、青春18きっぷの場合、どんな駅でも、何度でも途中下車が可能です。たとえば、山手線を一駅ずつ途中下車することだってできます。

この途中下車し放題、実はかなりのオトクなルールなんです。

青春18きっぷでは、長距離移動に加えて、途中下車をすればするほどオトクになるということです。

 

いかがでしょうか。いかに青春18きっぷがオトクで、その凄まじさが群を抜いているかお分かりいただけたことと思います。

(参考:青春18きっぷ パーフェクトガイド2015-2016:谷崎 竜 著、イカロス出版)

 

※一人旅応援アプリbocci:)(ボッチ)をAndroid版でリリースしました!みんなが投稿した一人旅を楽しむ情報がたくさん!あなたの一人旅を投稿して、誰かの一人旅につなげよう!!
(アプリ紹介ページはこちら

Google Play で手に入れよう

タグ:

青春18きっぷを使って旅しよう!(2.青春18きっぷの魅力)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)