知っておくと海外旅がもっと面白くなる雑学【ベトナム編】(前篇)

海外旅の一番の醍醐味は、日本とは違った雰囲気や風景、価値観や文化などに触れることができることではないでしょうか。

空港を降り立った時に感じる空気から、「海外に来たんだなー!」とワクワクしますよね!

何もかもが違って見える海外では、街のちょっとした一場面や料理など楽しみや感動がそこら中にあります。

そんな海外旅ですが、その国や国の人々の成り立ちや背景を知っているともっと旅が面白くなります。

今回はベトナムについて、旅がもっと面白くなる雑学をご紹介します!

1.社会主義国家ベトナム

ベトナム1(出典:http://iwanya.exblog.jp/24653607)

ご存知の方も多いと思いますが、ベトナムは社会主義国家です。2016年現在、世界で社会主義国家となっているのはベトナムのほかに、中国・ラオス・北朝鮮・キューバの計5か国のみです。

では民主主義国家と違って社会主義国家だと何が違ってくるのでしょうか。旅をする我々がベトナムに降り立っても、あまり「社会主義国家だな~」と感じることはありません。

唯一日本の街中にいる時とちょっとした違和感を感じるのが、上の画像のような看板が街中や郊外の道路わきなどに数多く建てられていること。

後ほど詳しくお話しますが、ベトナムは19世紀からフランスの植民地としてフランスに支配されていました。

上の写真の左下にある「2.9.1945」というのは1945年9月2日、ベトナムが独立宣言を発表した日になります。この日は日本にとっても歴史の転換点となる日です。そうです。太平洋戦争で日本が降伏文書に調印して正式に敗戦を認めたポツダム宣言の日です。

この日からベトナムが独立したとして、ベトナム中にあるこの看板は独立から今に至るまでの年月を記載して、「国民が一丸となって頑張ろう!」とでも言っているようですね。

ちなみに2016年にベトナムに行くと、1945-2015のちょうど70周年を祝うかのような看板が建っていました。

もう一つ、社会主義国家の特徴が現れているのが、ベトナムの主要な大企業は国営企業であることです。

銀行では、一部民営化が進み証券市場に上場している銀行もありますが、アグリバンク・ヴィエティンバンク・ベトコムバンク・ベトナム投資開発銀行の4行が国営銀行です。

両替するときなどは国営銀行のほうが何かと安心感がありますよね。

海外旅行をしていると悩むのがお金の両替。ベトナムのホーチミンでは街中に数多くの両替所があります。レートの良し悪しですが、日本やホーチミンの空港で両替するよりも街中の両替所や銀行での両替のほうがレートが良いため、空港での両替は最低限に抑えておくとよいでしょう。

2.ベトナムの食文化

アジアの旅の楽しみの一つがなんといっても美味しいご飯ではないでしょうか。

ベトナムにも、1回の旅ではすべてを味わえないほど数多くのベトナム料理があります。その中でもアジアの国の中でもベトナムらしさが出ている料理をご紹介したいと思います。

バイン・ミー

ベトナム3バイン・ミー(出典:Wikipedia)

ベトナムのホーチミンの朝は、道沿いの露店での食事から始まります。露店にもいろいろ種類がありますが、オーソドックスな朝ご飯はパンにいろんな具材と薬草をはさんで食べるバイン・ミーとコーヒーです。

どちもアジアっぽくないと思われるかもしれませんが、これがかつてフランスの植民地であったベトナムの一つの特徴です。

使われているパンはもちろんフランスパン。ですが、中に挟んむ具材は肉や野菜、バターのほかにベトナムならではの薬草にニョクマムと呼ばれる魚醤です。

フランスの影響を受けながらも、完全にベトナム人によってカスタマイズされ自国の食べ物として取り込んでしまう-。そういったベトナム人のたくましさが見えてきます。

おススメのバイン・ミー(ホーチミン)

ベトナム2

ホーチミンでおススメのバイン・ミーのお店が「Hoa-ma」というお店。地元の人の情報によると、ホーチミンで最初のバイン・ミーのお店らしいです。創業から50年以上経っているらしく、そう考えると老舗ですね。

場所はホーチミン市グエンディンチヨウ通りとカオタン通りの交差点近くにあり、通りと横道に入る角に店があります。

ボリュームもかなりあるので、1つで満腹になります。辛いのが苦手な方は、唐辛子を抜いてもらうと良いでしょう。

 

 

 

ベトナムコーヒー

ベトナム4ベトナムコーヒー

バイン・ミーと並んでベトナム人の朝ご飯に欠かせないのがコーヒーです。

コーヒーも、かつて植民地として支配していたフランスがベトナムにもたらしたものですが、今ではベトナム人には欠かせない日常の飲み物になりました。

ベトナムコーヒーの特徴はなんといっても、その濃さにあります。この濃さは他の国のコーヒーとは明らかに一線を画していて、その深みのあるコクは一度ハマると病みつきになるほど。

ストレートで飲む場合は、上の写真のようにカップの上にお湯と豆の入った器具がセットで出されます。コーヒー豆からコーヒーが少しずつ抽出されるのをじっくり待ちます。

この時間が、忙しいアジアの街で感じるひと時ののんびりとした時間になり、ベトナム人のどこかのんびりとした気質を垣間見ることが出来ると思います。

ベトナム5

ベトナムでアイスコーヒーを頼むと、通常はカップの下にコンデンスミルクが入りその上に大量の氷が入ったアイスコーヒーが出てきます。

ベトナムコーヒーはその濃さのため、コーヒー自体の量は少なく、アイスを溶かして底に溜まったコンデンスミルクと混ぜながら飲むのが一般的です。

ですが、それよりもさらにミルクが多く入った甘めのコーヒーもあります。左の写真のコーヒーがそうです。

ベトナムに行く際はぜひ色々なコーヒーを試してみるのも楽しいと思います。

ちなみに、ホーチミンにあるベトナムコーヒーのチェーン店でおススメは「ハイランド・コーヒー」です。

Mサイズのコーヒーが3~5万ドンで買うことができるので、リーズナブルですよね。

ちなみに、なぜベトナムコーヒーにはコンデンスミルクが使われるのでしょうか。

これは一説ですが、もともと熱帯気候のアジアでは食べ物が腐ってしまうスピードが速く、牛乳も流通させるには難しい飲み物でした。このため、牛乳に砂糖を混ぜて煮込み、保存性を高くしたコンデンスミルクが一般的になったと言われています。

ちなみに、コーヒーといえば南米の生産国、グアテマラやコロンビアが有名ですが、世界で生産量が最も多いのはベトナムです。

米と薬草

みなさんがよくご存じのベトナムの代表的な料理といえば、フォーですよね。

フォーは米で作られた麺料理ですが、フォー以外にもベトナム料理には米が様々に形を変えて使われています。

1468498868321(ライスペーパーで作られたベトナムの春巻き)

ベトナムといえば野菜やシーフードなどを巻いて食べる生春巻きが人気ですが、この春巻きには挙げたものもあれば写真のように米で作られたライスペーパーを巻いて食べるものもあります。

ホーチミンでも人気のWrap&Roll

生春巻きも含めていろいろな春巻きを楽しめるのが、チェーン店の「Wrap&Roll」。ホーチミンのグエンチャイ通りにもお店があります。内装も清潔で、ドアマンがご丁寧にドアの開け閉めもしてくれるようなサービスも行き届いたお店です。

ちなみに、筆者が訪れたときは年の中でも特にひどいスコールが降った日だったためか、エアコンから水漏れが出てしまってましたが、スタッフが迅速に席を変えてくれました。

1468723657520(ライスペーパーで薬草や豚肉などを巻いて食べるのが一般的)

ライスペーパーの春巻きにもいろいろな種類があります。この写真のように、大量の薬草や野菜と豚肉をライスペーパーで巻いて食べるのもとても美味しいです。

この写真や、フォーもそうですが、ベトナムでは大量の薬草が料理にセットで出てくることが多いです。生の薬草を一度にたくさん食べることができ、とてもヘルシーですが、お腹が弱い方や慣れていない方はあまり生ものをたくさん食べると調子が悪くなってしまうかもしれません。

1468841862620(ストリートフードでも米は外せない)

ベトナムと言えば、バックパッカーにとってストリートフードは安いうえに美味しいのも魅力の一つです。いろいろなストリートフードがありますが、ご飯の上に野菜や肉を豪快に乗せて、チリソースをかけて食べるのもとても美味しいです。

しかも値段も3万ドン程度(約150円ぐらい)でこのボリュームはとても嬉しいですよね。

このように、日本でもお餅やお寿司などのコメ料理があるのと同様、ベトナムでもお米はベトナム人にとっては切っても切れない大事な食材としていろいろな使われ方をしています。

いかがでしたでしょうか。次回はもう少し歴史を絡めてベトナムを見てみたいと思います。これを知っていれば、ベトナムの人たちの考え方やベトナムのことがもっと身近に感じることができ、旅も一味違ったものになると思います!

※一人旅応援アプリbocci:)(ボッチ)をAndroid版でリリースしました!みんなが投稿した一人旅を楽しむ情報がたくさん!あなたの一人旅を投稿して、誰かの一人旅につなげよう!!
(アプリ紹介ページはこちら

Google Play で手に入れよう

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)