【千葉県】一面の菜の花畑が美しい、房総半島横断 ローカル鉄道の旅(その2)

いろいろな旅人のひとり旅をご紹介する「みんなのひとり旅」。

前回に引続き、「まさ」さんのひとり旅をご紹介!

千葉県房総半島を横切るローカル鉄道の旅、面白スポット満載の旅は必見です!

前回までの旅の様子

前回の旅の様子をまだご覧になられていない方は、ぜひこちらもお読みください!

【千葉県】一面の菜の花畑が美しい、房総半島横断 ローカル鉄道の旅(その1)

トトロがいる駅

トトロのイラストがある上総大久保駅

10:00飯給→(小湊鉄道)→10:14養老渓谷

飯給駅から養老渓谷駅に向けて列車で移動中。

途中の「上総大久保駅」に入線すると、ホーム上に、以前ネコバスを待っていたあの2人(1人と1匹)が、今度は列車を待っていた☆

と見せかけて、横にバス停の絵があるから、やはり 待っているのは、バスなのか?

と、色々想像が膨らむ楽しい駅です。

下車するワケにいかないので、車内から撮影しました。

次の「養老渓谷駅」に着いたら、まずは、小湊鉄道を代表する菜の花と列車の撮影スポットに向かいます☆

沿線最大の“菜の花畑”をゆく列車

一面の菜の花の絨毯を横切る小湊鉄道

養老渓谷駅から歩いて約15分。

先程車内から眺めた “菜の花畑” をゆく列車の撮影に成功。

ココを通過する際は、観光列車ではなくとも、事前に車内アナウンスをした上で徐行運転をしてくれる、とても優しい心遣い☆

列車に乗っている人、外から撮影する人、双方にとってありがたいですよね。

なんといっても、電車ではなく燃料で走る気動車(ディーゼルカー)である事が、写真として good!

線路上に 架線(電線)やそれを支える柱がないため、列車だけが菜の花畑上にポツンと存在する写真が撮れます。

どの角度から写真を撮ろうか、迷うくらいに広大な菜の花畑 です。

遠くまで広がる一面の菜の花畑は圧巻

ちょっと高い位置から見た菜の花畑の全景は、こんな感じ。

一面菜の花畑という素晴らしい光景です。

厳しい現実?平日、日中の養老渓谷の温泉街

少し寂しい風景、古き良き時代が偲ばれる

菜の花畑をゆく列車の撮影を終えた後は、駅から20分程歩いて、養老渓谷温泉郷へ。

平日という事もあって、人の姿もほとんどなく、ひっそりとしていました。

営業していない店も多く、それどころか廃墟と化している建物も多い。。

特に、写真左側の、養老温泉を代表する温泉宿「元祖養老館」ですら廃墟となっている様子。目の前のバス停名は、未だに「養老館前」となっています。

もう少し先へ行くと、駐車場に併設する建物の中に、足湯「やすらぎ」があります。

足湯にしては珍しく、1人¥200の有料。。

駐車料金を払って車を停めたグループは、1人だけ無料との事。

有料との事でパスし、養老渓谷駅構内にある足湯に浸かりました。

こちらは、鉄道利用者は無料。ただ、営業時間が平日は12:00~16:30、土休日は11:00~17:00とやや短いので注意です。

待ち時間を利用して昼食を!

料理も人も素晴らしい、「みはらし屋」

12:27養老渓谷→(小湊鉄道)→12:34上総中野

養老渓谷駅の1駅先、小湊鉄道の終着駅であり、いすみ鉄道への乗り換え駅でもある「上総中野駅」から5分程歩いた場所にある、お食事処「みはらし屋」で昼食。

頂いたのは、近隣の農家から仕入れた食材を使用した “里山御膳” 1,000円。

12:34の到着に対し、乗り換え列車であるいすみ鉄道の次の列車の発車時刻が13:55発と、なぜかここだけ著しく接続が悪い。。

1時間半近くの待ち時間がある為、昼食にはもってこいの場所です(それが狙い?)。

店内は喫茶店のような感じで、夫婦で経営している個人店のようです。

自分の他に、同じくいすみ鉄道へ乗り継ぐ方(3名)がいました。

喫茶店のマスター(?)の旦那さんが、

「どちらから来られましたか?」

と話題を提供してくれたお陰で、話が弾みました。

そして、店を出る際も、駅へのオススメのルートを教えてくれたりと、アットホームなお店でした。

みはらし屋の外観

みはらし屋さんの外観は、こんな感じ。

木が生い茂っているのが何とも面白いです。

こんな場所に鉄道博物館?TKGも名物「ポッポの丘」

列車もある、「ポッポの丘」

13:55上総中野→(いすみ鉄道)→14:30国吉

14時半に「国吉駅」に到着後、自転車で「ポッポの丘」へ。

そこには田園風景が広がる千葉の奥地に、鉄道車両の野外展示が!

ここは、養鶏場を本業とするオーナーが経営する施設なんです。

場所が千葉なだけに、一昔前に千葉県内を走っていた車両が目立ちます。

入場料無料の施設であるが、営業日が金、土、日、月曜日と祝日なので注意です。営業時間は10~16時。

養鶏場のオーナーが営む施設だけあって、その日に採れた卵を使用した “卵かけご飯” が食べられる「カフェ TKG」も併設☆

Tamago Kake Gohan で TKGって、個人的には微妙ですが、和と洋の融合と言ったトコですか?

こちらの営業時間は、さらに短く11~15時まで。

到着した時には、残念ながら閉店直後でした。

駅からかなり離れた場所にありますが、国吉駅には、無料のレンタサイクルがあり、ここへは自転車でやって来ました。

レンタサイクルの利用時間は10~16時。ですので、16時までに返却しないといけません。

 

さて、房総半島を横断して太平洋までもうすぐ!旅の続きは次回!!

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)