【世界遺産】シーギリヤ・ロックを100倍楽しむためのマメ知識4選(準備編:前編)

スリランカでも1,2を争う人気観光スポットのシーギリヤ・ロック。

巨大な岩の上に、1,000年以上も前に造られた王都の遺跡が残されており、世界遺産にも登録されています。

巨大な岩の迫力や、頂上に残された遺跡、そしてそこからの絶景-。

魅力満載のシーギリヤ・ロックをさらに楽しむためのマメ知識をご紹介します!

 

岩の上に王宮を建てた理由は?

シーギリヤ・ロック

近くで見れば、いかにその岩が巨大であるかがよく分かるシーギリヤ・ロック。

高さは200メートルにも及び、岩上の王宮とシーギリヤ・ロックを取り囲む庭園は、477-495年、当時の王であったカッシャパによって創建されました。

なぜ、カッシャパはこのような巨大な岩の上に王宮を建てたのでしょうか。

ガイドブックなどで紹介されている定説と、それを覆すもう1つの説をご紹介しましょう。

ガイドブックで紹介される、定説

カッシャパが王位を継承する前、王の座には父であるダトゥセナがいました。

ダトゥセナにはカッシャパのほかに、もう1人、モガラーナという息子がおり、カッシャパが兄、モガラーナが弟になります。

この2人の息子は、母親を別にする異母兄弟でした。

カッシャパの母親は平民の女性、それに対してモガラーナの母親は由緒正しい王族の血を引く女性でした。

 

当時、血縁が重視されていたスリランカでは、カッシャパよりも弟のモガラーナが正当な後継者であるとして、父親のダトゥセナはモガラーナに王位を譲るつもりでいました。

これに対して、長兄であるカッシャパは、自分こそが王位継承者であると主張し、父であるダトゥセナを生きたまま幽閉し、王位を奪取しました。

ダトゥセナはその後、カッシャパによって殺されてしまいます。

これに身の危険を感じた弟のモガラーナは、スリランカから逃亡し、再興の機が熟すまで身を隠しました。

望み通り、王になったカッシャパですが、その後、弟からの復讐を恐れるようになります。

そして、鉄壁の守りと絶対の安全を求めて、シーギリヤ・ロックに王都を移し、その上に王宮を建てた-。

 

以上が、定説によるシーギリヤ・ロックの説明です。

ここに王都を移したものの、結局カッシャパはモガラーナ軍に攻め込まれ、最後は自害を選びました。

これが定説となっている理由は、これがマハヴァサと呼ばれる、スリランカの歴史書に記載されていることによります。

もう1つの新説

カッシャパの話について、15世紀にアナンダという僧が石板に刻んだという碑文が後世に書物となり、翻訳されたものがあります。

こちらの翻訳による説をご紹介しましょう。

王位を巡る思惑

当時王位にあったダトゥセナは、スリランカの王として、アジアにおける仏教の庇護者である、ブッディ・ラジャヤという位を名乗ることを渇望していました。

ところが、この位はすでにジャワ(インドネシアのジャワ島?)のスリ・クンジャ王が名乗っているものでした。

ダトゥセナは、ブッディ・ラジャヤは正当なスリランカ王が名乗るべきものであり、他の当主が名乗るべきものではない、と主張したものの、スリ・クンジャ王は一向にこの主張を認めませんでした。

困ったダトゥセナは、高僧を呼び、ブッディ・ラジャヤよりも高い地位である、チャクラバルチという位があることを知ります。

しかし、この位は、昔のペルシャ王ですら獲得を諦めるぐらい、不可能な戒律を実践しなければならないものでした。

これも無理だと判断したダトゥセナは、儀式に基づいて、パルバタ・ラジャという皇帝の地位を名乗ることを目指します。

この儀式によると、皇帝は、巨岩の上に住まい、そこから指揮や統治を行うこととされていたのです。

そこで、ダトゥセナはシーギリヤ・ロックの上に王宮を建てる計画を立て始めました。

 

義理の兄弟との争いと王位継承の策略

皇帝即位が落ち着いたと思いきや、パルバタ・ラジャを巡り、インドにいたダトゥセナの義理の兄弟、シハバルマンがダトゥセナに宣戦布告をし、争いが勃発しました。

ちょうどその頃、次の王位に息子のモガラーナを充てようと思っていたダトゥセナは、同じく王位を狙っていたもう一人の息子、カッシャパに、シハバルマンとの戦の先陣を任せることにしました。

そこには、わざと少数の兵力しか与えず、カッシャパを争いで亡き者にしようとする意図があったのです。

一方、シハバルマン軍の先鋒に任されたミガラ将軍も、シハバルマンの策略で、わざと少数の兵しか与えず、わざと戦で戦死するよう仕向けられていました。

ミガラ将軍が、キリスト教へと改宗したことに対する腹いせです。

 

こうして、偶然にも同じ境遇になったカッシャパとミガラ将軍は手を組み、カッシャパがミガラ軍を撃破し、降参に追い込んだように見せかけました。

父ダトゥセナの思惑を知っていたカッシャパは、ミガラ軍と共に、ダトゥセナに押し寄せます。

慌てたダトゥセナは、迎え撃つため、急いで軍基地の設営に取り掛かりますが、場所が運悪くカッシャパ・ミガラ軍基地の後方だったため、急襲されて壊滅状態に陥りました。

負けを悟ったダトゥセナは、その場で自害。

実は、カッシャパは、敵はモガラーナ率いる軍であると思い込んでいて、後にそれが父のダトゥセナであったことを知ります。

父を不憫に思ったカッシャパは、自害した場所に小さな供養塔を建てました。

そしてこれにより、カッシャパは当時王都があったアヌダーラプラに入り、王位を名乗ります。

弟との亀裂とシーギリヤ・ロック遷都

王となったカッシャパは、弟のモガラーナとも友好な関係を築くべく、モガラーナに補佐役の地位を与えようとします。

ですが、モガラーナはこの受け入れを拒否し、母親とともに国外に逃亡してしまいました。

このすれ違いが、後にモガラーナによるシーギリヤ襲撃へとつながることになります。

 

カッシャパはその後、一筋の光が降り注ぐ場所を見つけます。

これが、ダトゥセナが建設を進めていたシーギリヤ・ロックの王宮でした。

そして、カッシャパは、父の意思を次いで、シーギリヤ・ロックに王都を移しました-。

 

いかがでしたでしょうか。定説ともう1つの新説では、カッシャパの人物像も、シーギリヤ・ロックの上に王宮が造られた経緯も、全く違っています。

筆者個人は、狂気的で短絡的にしかカッシャパが描かれていない定説より、新説の方が説得力があるように感じますが、皆さんはいかがでしょうか。

次回は、シーギリヤ・ロックの壁画と、実はすごい仕組みについてご紹介します!これらを築いたカッシャパという人物が、どうしても定説の人間と同一には見えません。。

お楽しみに!

 

(参考:「Sigiriya」Nittambuwa Sm Print & Publishers)

 

 

タグ:

【世界遺産】シーギリヤ・ロックを100倍楽しむためのマメ知識4選(準備編:前編)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)