青春18きっぷを使って旅しよう!(2017年版)

一定金額でJR全線の普通列車に乗り放題ができる切符、青春18きっぷ。

列車大国の日本において、旅の幅やアレンジも無限に広がる青春18切符の旅は、もはやひとり旅のジャンルの1つといっても過言ではありません!

そんな青春18きっぷの情報をアップデートしました!

 

青春18きっぷの基礎知識

そもそも青春18きっぷって何?どうやって使うの?

という方は、まずこちらの記事からご覧ください。

青春18きっぷを使って旅しよう!(1.基本ルールと使い方)
青春18きっぷを使って旅しよう!(2.青春18きっぷの魅力)

青春18きっぷを使って旅しよう!(3.2016年の注意点)

1.2017年の青春18きっぷの発売期間と利用期間

発売期間 利用期間
春季 2017年2月20日~3月31日 2017年3月1日~4月10日
夏季 2017年7月1日~8月31日 2017年7月20日~9月10日
冬季 2017年12月1日~12月31日 2017年12月10日~2018年1月10日

 

青春18きっぷの利用期間は、毎年ほぼ同じです。

圧倒的に利用が多いのは、夏季の期間ですね。夏休みもあり、親子で電車の旅をしている方もよく見かけます。

2.北海道新幹線オプション券

2016年3月の北海道新幹線開業に伴い、青春18きっぷを使って津軽海峡を渡る手段を確保するとともに、新幹線開通により第3セクターに移管された区間もこれまで通り利用できるよう配慮して作られたのが、この北海道新幹線オプション券です。

このオプション券を購入すると、1枚につき下記の区間の片道を1回限り2,300円で利用することができるようになります。

・北海道新幹線:奥津軽いまべつ⇔木古内
・道南いさりび鉄道:木古内⇔五稜郭

こちらも2016年度から変更はありません。

3.東日本大震災による不通区間

東日本大震災の爪痕がいまだ残る東北地方。

特に、福島原発に近い常磐線や、気仙沼線の電車は一部区間が復旧しておらず、代行バスやBRT(バス高速輸送システム)が運行されています。

こちらの代行バスやBRTでも青春18きっぷを利用することができます。

せっかくのお得なきっぷ。この機会に東北地方の現状をご自分の目と足で確かめる旅をするのも良いでしょう。

常磐線

常磐線は、竜田駅~原ノ町駅の間を代行バスが運行しています。

代行バスの時刻表や本数、区間については時期により変更されますので、必ず事前にチェックしましょう。

JR水戸支社のホームページから確認できます。

ちなみに、2017年4月1日以降、それまで運行していた原ノ町→竜田駅間の運行が無くなっています。

また、竜田駅から原ノ町駅までの運行は、竜田駅を10時5分に出発する第7便のみとなりました。

気仙沼線・只見線・大船渡線

気仙沼線のうち、柳津~気仙沼
只見線のうち、会津川口~只見
大船渡線のうち、気仙沼~栄

が不通区間となっており、この区間をBRTバス、代行バスが運行しています。

こちらも、時刻表と運行区間については事前にチェックしておきましょう。

気仙沼線と只見線はJR仙台支社のホームページから確認できます。
大船渡線はJR東日本のホームページから確認できます。

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)