青春18きっぷの強~い味方!夜行快速ムーンライトに乗ってみよう!(予約編)

前回は基本的な説明で終わった、夜行快速ムーンライト。

予約はみどりの窓口のほか、インターネットを使って「えきねっと」から予約することもできます。

今回は、実際に「えきねっと」で予約する方法についてご紹介します!

 

前回の記事

ムーンライト号について、運行時期や時刻表をご紹介した前回の記事は、こちらをご参照ください。

青春18きっぷの強~い味方!夜行快速ムーンライトに乗ってみよう!(基本編)

2.ムーンライトながらの予約方法

それでは、ムーンライトながらの指定席券の予約方法を見ていきましょう。

基本的に、ムーンライト信州の指定席券の予約方法も同様ですので、今回は省略します。

みどりの窓口で予約する

JRと言えば、何かと用事があるのが「みどりの窓口」ですよね。

多くの主要駅には必ずあるこちらの窓口では、新幹線以外にも、もちろん青春18きっぷやムーンライトながらの予約も可能です。

みどりの窓口での予約受付は、

始発駅を出る日の1ヶ月前の日の午前10時

から開始されます。

例えば、ムーンライトながらの下り(東京発)線、7月21日の指定席券の予約は、1か月前ですので、6月21日の朝10時から受付開始となります。

ちなみに、7月31日の指定席券の場合、1か月前ですと6月31日となりますが、31日は無いため、7月1日となります。

みどりの窓口へ行き、指定席申込書に必要事項を記入して申し込めばOKです。

ただ、夏季ならともかく、運行日の少ない冬場や春季などは、即売り切れ、ということも。。

 

事前受付サービス

駅によっては、行楽シーズンのピーク時などに、事前受付サービスを提供している駅もあるため、みどりの窓口で確認してみましょう。

事前受付サービスは、予約受付が始まる当日の10時より前に指定席申込書の受付をしてくれて、10時に優先的に端末にて予約登録をしてくれるサービスです。

何時から受付をしてくれるかは駅によって異なりますので、事前受付サービスをしている駅については、何時からの受付かについても必ず確認しましょう。

 

みどりの窓口で確実に指定席券をとるポイント

ただでさえ本数も席も少ないムーンライト。

ある程度日にちを柔軟に選べるのであれば、まだ良いですが、ピンポイントで特定の日にちを狙う場合は、予約受付開始日でなければまず席は確保できない、と考えてください。

そのうえで、もちろん受付開始の午前10時きっかりに端末に予約内容を打ち込む「10時打ち」をしてもらうことが必要です。

いかに早く、端末に予約情報を打ち込んでもらうか。結局はこの点に尽きるのですが、気を付けたいポイントを2点お話しします。

①みどりの窓口は、あまり混雑しない穴場の駅を利用する!
みどりの窓口は、比較的小さな駅でも多く見かけます。

利用者数が多い大きな駅では、みどりの窓口の受付も多いですが、たいていの場合お客さんの列が出来てしまっています。

それよりは、受付が少なくても、お客さんが少なく列が出来ていない、小さな駅の方が10時に合わせて申し込みをしやすいです。

②事前受付サービスも順番待ちがあることを知っておく!
さきほどご紹介した事前受付サービスですが、最近の列車旅のブームなどもあり、この事前受付サービスですら、長蛇の列ができることがあるようです。

この事前受付サービスは、申し込むと、「その駅で何番目の受付になっているか」が記載された紙をもらいます。

うまく予約を取ることができれば、後ほどこの紙と引き換えに料金を支払う仕組みですが、この順番によっては、残念ながらその前に席が満席になり、申し込みが通らないこともあります。

ですので、事前受付サービスでも当然、いかに早い順番をゲットできるかが重要となります。

 

「えきねっと」で予約する

ムーンライトはインターネットからも予約することができます。

この方法だと、家にいながら自分で指定席券の予約をすることができるので、便利ですし、スマホからでも予約ができるので、最も確実で簡単な方法だと言えます。

https://www.eki-net.com/top/index.html

「えきねっと」は、インターネット上でJRの特急券などを予約、購入できるサービスです。

ムーンライトながら、ムーンライト信州ともにこの「えきねっと」から予約することができます。

指定席券を予約するには、まず会員登録が必要です。クレジットカードの情報も登録しなければいけないので、手元に準備しておきましょう。

 

「えきねっと」で予約したきっぷを受け取ることができる駅は限られる!

1つ注意しなければならないのは、「えきねっと」で予約したきっぷの受け取りは、以下のエリアに限定されています。

・JR北海道
・JR東日本
・JR西日本北陸エリアの一部

首都圏に住んでいる方は問題ないですが、関西より西にお住いの方は、この点に注意してください。

 

それでは会員画面から、ムーンライトの予約をしてみましょう。

会員登録を済ませて、「きっぷ予約」メニューをクリック。ログインを要求されるので、登録したユーザ名とパスワードでログインしましょう。

すると、上記の画面が表示されますので、「指定席」をクリックします。

次に、路線の選択画面に移るので、右下の「その他の列車」をクリック。

ここで、具体的な日付と乗車区域を指定しますので、あらかじめ乗る予定のムーンライトの乗車駅、降車駅と時間を調べておきます。

例えば、ムーンライトながらの場合、始発の大垣駅を22時49分に出発するので、出発時刻はおおまかに「22時00分以降」と入力します。

「次へ進む」をクリックすると、該当する列車が表示されます。

そして、空席情報も見ることができます。上記の画面で、「-」となっている部分はすでに満席か、該当なしという意味です。

予約可能なのは「△」か「〇」となっている場合だけです。

希望の箇所が「△」か「〇」になっていれば、それをクリックして乗車人数を入力、次の画面に進みます。

次の画面では、具体的な座席の指定と、乗車券の申し込みができます。

今回は青春18きっぷを使うので、「乗車券は申込まない」を選択してください。

 

以上の申込み内容に問題が無ければ、そのまま予約を確定して、終了です!

もし希望の列車が満席の場合、日付や乗車区間を変えて空席があるかを探してみましょう。

 

次回は、いよいよムーンライトながらの乗車レポートをご報告します!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)