旅とコンテクスト

皆さんは旅の行先をどうやって決めていますか?

有名な観光スポット、世界遺産といったブランド力・・・

サーフィンやダイビングといった、やりたいアクティビティ・・・

絶景や日本とは違った可愛らしい街並みといった見た目・・・

「行ってみたい!」と思うのも人それぞれですが、

「行こう!」と思う判断基準やきっかけも人それぞれだと思います。

 

私もこれまでいろんな理由で一人旅をしてきました。

幻想的な世界を観たくてオーロラを観に行ったり、

有名な世界遺産だから一度はこの目で見てみよう!と思って行ったり、

最近はあまり知られていないマニアックな場所によく行ったりもしています。

 

そして、旅に出て写真で見た風景を目の当たりにしたり、「行ってみたい!」と思っていた場所を観光したりして満足して旅は終了。。

というのが普通だと思います。

でも、私個人としてはそれだけではもったいない!と思ってしまいます。

なぜなら、もちろんそれでも十分に素敵な体験や経験が出来るのですが、そこにあるストーリーや背景といったコンテクストを知ると、たぶんもっと旅は面白くなるんじゃないかと思うからです。

例えば日本が世界に誇る世界遺産の一つ、「金閣寺」。

見た目からしてその金ぴかで何ともいえない優雅なたたずまい。。それだけでも「行ってみたい!」と思ってしまいます。

けれど、世界遺産にも認定されている金閣寺は、それ以外にも魅力的なものがたくさんあったり、ドラマもたくさんあります。

せっかく「行きたい!」と思って興味を持ったのであれば、たとえば金閣寺が造られた室町時代の時代背景やその当時の文化、金閣寺が造られたいきさつなどを知れば、もっと金閣寺に対する思いも膨らむと思います。

もちろん、有名な観光スポットはパンフレットやガイドなども充実しているため、それを利用して理解を深めるのでもいいと思います。

金閣寺に限らず、この世界のすべての場所、モノにはそれぞれが持つストーリーがあります。

旅でその場所を訪れた時に、単に表面的な部分に感動数だけでなくその内面的なコンテクストにも触れることが出来れば、旅はもっと奥深いものになるんじゃないかなと思っています。

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)