【丸わかり!海外ひとり旅】ジョージア4日間バックパックの旅!(2日目:ムツヘタ①)

アゼルバイジャンに続いて、ジョージア4日間のひとり旅。

ジョージア2日目の今日は、トビリシからバスで30分ほどで行けてしまう世界遺産の街、ムツヘタを訪れます!

世界遺産に登録されている3つの教会、スヴェティツホヴェリ大聖堂・サムタヴロ教会・ジワリ修道院をご紹介します!

 

ホステルでの朝食

滞在しているホステル、Hostel Pushkin10の朝食はパンケーキ!

スタッフが焼いてくれて、基本食べ放題です。

メープルシロップや生クリーム、ブルーベリージャムやバターなど、トッピングの種類も豊富で、3日とも同じパンケーキでしたが、全く飽きませんでした♪

スイーツ好きにとっては嬉しい朝食です。(朝8時から12時まで)

ムツヘタへ出発!

今日のメインイベントは、トビリシからバスで30分ほどで行けてしまう、世界遺産の街、ムツヘタ観光です。

旅のヒント③:メトロの乗り方

トビリシでのメトロの入口は、東京と同じように近くにメトロのマークが書かれた看板が立っているので、それに従って進むと、入口に辿りつけます。
(上記の写真では、「←M」と書かれています。)

メトロは基本的に、ICカードを購入して乗車しますが、このカードは市内を走る公共バスにも使うことが可能です。

まずは窓口に行って、カードを購入しましょう。

カードの購入は、デポジットに2ラリが必要で、1回の乗車につき、0.5ラリなので、自分が乗る回数を考えて購入金額を決めてください。

もちろん、追加チャージも可能です。

Liberty Squareでは、窓口の前に係員の女性も立っており、英語で親切に教えてくれました!

旅のヒント④:ムツヘタへの行き方

メトロのホームに掲示されている、行き先案内板。行き先ごとにどちらのホームの電車に乗れば良いか、一目で分かる。

ムツヘタへは、メトロの駅、「Didube」駅を降りた場所にあるバスターミナルから、ムツヘタ行きのバスに乗って30分ほどです。

今回は、ホステルの最寄り駅、Liberty Squareから乗車し、Didube駅は6駅目になります。

Didube駅に着いて、出口を出ると(出口は1つ)、アーケード街のように細い道の両端に所狭しとたくさん並んだお店が並んでいますので、まずはこのアーケードを抜けましょう。

アーケードを抜けると、写真のような通りに出て、左の方にはたくさんのバス(マルーシュトカ)が停まっていますが、こちらではありません!

写真の中央上部にある、少し見えにくいですが、「KAZBEGI」と書かれた看板の下から奥に続いている道をさらに進みます。

道を奥に進んだところに、たくさんのバスが停車しているターミナルがあります。

このターミナルに向かって左手にある、小さな小屋に「Cash Desk」と書かれているので、こちらでムツヘタ行きのチケットを購入しましょう。

こちらがそのチケット。ロシア語で書かれているのでよく分かりませんが、ムツヘタ行きは1ラリです。

ムツヘタに到着して、バスを降りる時に車掌さんに渡しましょう。

 

異様に速いメトロのエスカレーター

窓口でICカードを購入し、機械にかざしてメトロ構内へ入ると、地下深くへ続く、ながーいエスカレーターが。

驚いたのは、このエスカレーターのスピード!

日本のエスカレーターの2倍ぐらい速い!!

最初乗るときに、少しビビるぐらい猛スピードで進んで行きます。

ちなみに、トビリシのメトロの駅のホームには、現在時刻と、次に来る電車までの残り時間が表示されています。

この残り時間が残り数秒になると、点滅しだすと同時に、電車もホームに入ってきます。

時間通りに電車が来るのはありがたいですね!

 

ムツヘタ観光

Didubeからあっという間にバスはムツヘタに到着!

ムツヘタの周りには、大きな川が湾曲しているので、バスでムツヘタに行くときも橋が架かった場所まで少し遠回りしていく必要があります。

また、この川のおかげで、世界遺産の1つ、ジワリ修道院へはタクシーでなければ行けないほど、ムツヘタの中心部にある他の2つの世界遺産と離れています。

ムツヘタの街は、小さくて観光客で賑わっている場所から少し離れると、静かな住宅街が広がっていました。

旅のヒント⑤:教会へ入るときのマナー

教会の入口には、服装などのマナーについて記載した看板が立っていることが多いですが、マナーには十分に気を付けましょう。

男性の場合、タンクトップや膝上まで足が見えるような短パンはNGです。

女性の場合、頭が隠れる頭巾やスカーフなどが必要です。

いずれも、教会によっては足や頭を隠すスカーフを貸し出ししている場合もありますが、そうでない場合もあるので、教会を訪れる可能性がある日には、服装に注意してください。

ムツヘタの教会も、ジワリ修道院で膝上まで足が見えている男性が外に出るよう注意されていました。

スヴェティツホヴェリ教会

バスを降りて数分で、最大の見どころ、スヴェティツホヴェリ教会が見えてきました!

ムツヘタにある3つの世界遺産の教会、修道院の中でもこちらが1番大きな教会になります。

スヴェティツホヴェリ教会の見どころ

それでは、この何とも神聖で歴史のあるスヴェティツホヴェリ教会の見どころを、少しだけご紹介したいと思います。

詳細は、こちらの記事をご参照ください!

【世界遺産】スヴェティツホヴェリ大聖堂(ジョージア)を100倍楽しむためのマメ知識4選(準備編)
【世界遺産】スヴェティツホヴェリ大聖堂(ジョージア)を100倍楽しむためのマメ知識(実践編)

正面入口は西側に

教会の正面入り口は、西側に造られています。

スヴェティツホヴェリ教会に限らず、ジョージアの教会の特徴として、建物が十字型に造られていることが挙げられます。

これはジョージアの歴史でも、6世紀から11世紀ごろにかけて見られる、教会の建築技術の1つです。

最も高いドーム型の屋根の前に、さらに3層の屋根があるのが分かります。

このうち、3層目(最も奥、高い屋根)には左手に福音の書を持ったキリストと、両端にそれぞれワインとパンを持った天使が描かれています。

ワインとパンがキリスト教では、どのような意味を持つか。それぞれ、キリストの「血」と「肉」の表れです。

さらに、その下にはブドウの実とツルが描かれています。

ジョージアでは、ブドウは神聖なものとして、教会の装飾に用いられているのだとか。

建物内の見どころ

 

入口を入って、真正面の奥にあるのが、キリストのフレスコ画です。

左手に福音の書を持ち、キリストの上には4人の天使、天童が描かれています。

正面に向かって右側には、こちらの小さな教会が保管されています。

こちらの教会は、このスヴェティツホヴェリ教会の起源とも言えるもの。

そして、中央には今は使われていないこちらの台座があります。

そのほか、額に入れられたたくさんの絵画のほかにも、このような貴重なフレスコ画が今も残されています。

ムツヘタの歴史的重要性

ムツヘタはイベリア帝国の首都として、800年以上も栄えた歴史のある街です。

そこは経済、政治だけでなく、宗教の中心地でもあり、4世紀の初めに正式にキリスト教を受け入れたことにより、「第2のエルサレム」と呼ばれるほど、キリスト教において神聖な場所として見なされてきたのです。

もともと5世紀ごろに建てられ、現在の姿は11世紀ごろに再建されたものがベースになっています。

その後も、地震た外敵からの襲撃など、度重なる苦難の道を歩んできましたが、歴代の王やムツヘタの民衆の力で、その度に修復や改修を繰り返し、生き延びてきました。

ジョージアの人にとって、スヴェティツホヴェリ教会は心の拠り所でもあり、「この教会無くしてジョージア無し」と言う人もいるほどなんだそうです。

歴代の王、王妃が亡くなったときの埋葬や、王族の結婚、洗礼など、重要な儀式はすべてこの教会で執り行われてきたことを考えても、スヴェティツホヴェリ教会がいかに重要な教会であるか分かるかと思います。

外壁も忘れずに観て周ろう!

教会南側の外観

スヴェティツホヴェリ教会の見どころは、教会の中だけではありません。

外側からも、教会の魅力を知ることが出来ます。

スヴェティツホヴェリ教会は、東西南北いずれの外観もどれ1つとして同じものはありません。

四方の外壁に、それぞれ違った装飾がなされているので、それを知っていると、スヴェティツホヴェリ教会をさらに深く楽しむことが出来ます。

ジョージアの昔ながらの飲み物:Lagidze Water

スヴェティツホヴェリ教会の敷地の外側には、お土産屋さんなどが並んだ通りがありますが、そこで是非とも飲んでおきたいのが、Lagidze Waterと呼ばれる、昔ながらの方法で作られている飲み物。

味は、レモンスカッシュと似ていますが、レモンの味が濃密です。

この飲み物は、トビリシを含め、このエリアでは数か所でしか飲むことが出来ないのだとか。

値段は3ラリほど。

ジワリ修道院へ

喉を潤したところで、道を歩いていると、タクシーのおじさんが声をかけてきました。

ムツヘタの街を歩いていると、タクシーの呼び込みが多いですが、だいたいがジワリ修道院へのタクシーです。

「ジワリ?」

と、街からも丘の上に小さく見える修道院を指さして声をかけてきます。

 

最初は20ラリほどで声をかけてきましたが、最終的に15ラリにしてもらえました。

英語が通じないので、片道だと後でしらを切られないよう、何度も

「行って帰ってで15ラリね!」

と、身振り手振りでしつこく念押し。

丘の上に小さく写っている、ジワリ修道院

直線距離だと、歩いて行けそうに感じるジワリ修道院。

ですが、ムツヘタの周りを流れる3つの川がそれを許してくれません。

どれだけ遠回りをするか、地図で示してみました。

川を無視して直線距離でスヴェティツホヴェリ教会とジワリ修道院の距離と、実際のルートを見比べてみてください。

いかに遠いか!

そして、「歩いていく!」という心が簡単に折れてしまうのが、お分かり頂けるかと思います。

 

次回、残りのムツヘタの見どころをご紹介します!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)