全てが叶う、大草原へ!モンゴル5泊6日のひとり旅!

今回ご紹介する一人旅は、みーさんのモンゴルひとり旅!

近くて遠いアジアの国、モンゴル。実は旅好きな旅人の中でも特に人気の高い国の1つなんです。

今回はどこまでも続く草原が魅力のモンゴルのひとり旅をダイジェストでご紹介します!

旅のプロフィール
移動手段 飛行機
旅程 8月5日(日)~10日(金)
予算 交通費:85,930円
宿代: 11,000円
食費等:2,500円(3食)
ツアー代:55,000円

 

ウランバートルまでの行き方

「モンゴルのウランバートルってどこ?」

と思う方はたくさんいるかと思います。
(私もそうでした。笑)

 

ロシアと中国の間にあります。

7月と8月の気候が良い時期は関空からの直行便がでていて、なんと、たった4時間半で着いちゃうんです!

今回は、北京で乗り継ぎ、1日かけて行きました。

 

空港からタクシーで、ウランバートル中心地のホテルまで、30分ほどで50000トゥグルグ(約2000円)。

ちなみに、来年からチンギスハン空港は国内線になり、一時間ほど離れた場所に新しく国際空港ができるようです。

ホテルは市内にあるRoyal house hotel 2に宿泊しました。

中は広すぎるくらい広く、そこそこきれいで、お湯の水圧や、ドライヤーの風力もいい感じでした。

一泊朝食込みで5000円ほどです。

フロントの人は英語話せるけど、他のスタッフはモンゴル語しか話せない様子。

大草原でゲルに泊まる4日間☆

4日間の現地ツアーで、送迎、ガイド、宿泊、3食、乗馬がついて55000円(約137000トゥグルグ)。

市内から草原へ行く前に大型スーパーで4日分の水やお酒、お菓子などを買い込み、4時間車を走らせてウンドゥルシレットにあるリバーサイドキャンプへ向かいます。

ほとんど整備されたような道ではなく、草原の中に車が通った跡を辿って走る感じで、うたた寝できるような揺れではありません(笑)

着くとツーリストキャンプの人たちが迎えてくれて、荷物もゲルの中に運んでくれました。

キャンプ内は、水洗のトイレが設置されており、お風呂は薪を炊くので、18:00~20:00までの間にお湯のシャワーを使うことができます。

また、自家発電の電気が20:00~22:00まで使うことができるので、カメラの充電などもその時にすることができるので、安心です。

ゲルの中はとても居心地がよく、ドアを開けるとすぐに大草原の絶景が広がっているのが魅力的です♪

とても陽気なモンゴル人!

晩ご飯を食べたあとは、現地のモンゴル人たちとサッカーをしたり羊のくるぶしの骨で、たくさん遊びました(笑)

羊の骨だけで、すごろくのような遊びや神経衰弱に似た遊びや、占いもできるんです!

家畜の物真似をしたりして笑わせてくれる陽気なモンゴル人たち。

言葉が通じなくてもとても楽しいひとときでした!

大草原を馬で駆け抜ける!

今回の旅のメインである乗馬。3日間午前と午後と、思う存分乗馬ができます♪

最低限のレクチャーを受け、”習うより慣れろ”で、すぐ馬に乗って出掛けます(笑)

広すぎる大草原の何処へ行っても、どこまで行ってもいいんです!

2日目には、自由に馬をコントロールして一人で走れるようになり、馬との一体感を感じながら風をきって走るのはとても最高でした!

至るところに200頭ほどの羊や牛、馬などの群れがいて、遊牧民になった気分を存分に味わえる場所です☆

想像を越える絶景が見れる場所☆

ゲルも吹き飛びそうな、嵐のような大雨が降った後のこと。

突然モンゴルの空に現れた、大きな虹。

端から端まで見れたことや、二重の虹に大興奮していたら、現地の人はよくある事かのように、それほど驚いていない様子(笑)

ここには絶対また来たいと思った瞬間でした。

お肉!お肉!お肉!

基本的に、食事は羊や牛のお肉です。
お肉ばかりの食事を覚悟していかなくてはなりません(笑)

モンゴル料理は、揚げ餃子やボーズ(蒸し餃子)など肉と小麦粉を使った料理が多いです。

食事の前には、温かいミルクティを飲みます。塩が入っていて、不思議な味でしたが美味しかったです☆

夜は12℃くらいまで冷えるので、みんなでモンゴルウォッカをストレートで飲みます。

モンゴル人は水のように飲んでいました(笑)

冬はマイナス30℃とかになるそうなので、ウォッカは身体を暖める手段なのですね☆

毎日の感動♪

日の出と共に目覚め、朝日が昇るのを見ながら草原をランニングしてみました。

朝日を浴びることで、体内時計を正常に戻すことができます。

ここには何も空を遮るものがなく、大パノラマで毎日違う夕日も見る事ができます☆

日が沈んでからの色の変化をただただ眺める時間がとても贅沢で、都会では普段なかなかできない事でもあります。

ちなみに、これは夜の9時頃撮影したものです。

モンゴルの星空!

モンゴルの星空。

 

どこを見ていいのか分からないほどたくさんの星。

流れ星。

人工衛星。

はっきり肉眼で見える天の川。

 

高い建物や、電気もない

全ての条件が整ったこの場所は、今まで見た中でもダントツ一番綺麗でした。

気球から見渡すモンゴル

ウンドゥルシレットにあるここ「リバーサイドツーリストキャンプ」では、気球に乗ることができます☆

料金は一人20000円で、前日に申し込むこともできます。

日の出か夕方の、風が穏やかな時間帯を狙って出発します。

 

朝日に照らされた広大な草原や山々、ずっと続いている川を上から見ることができ、一生残る思い出になること間違いなしです☆

ザイサン記念碑からの景色☆

丘の上にある、ザイサン・トルゴイ。

これは、モンゴルとソ連が当時の日本やドイツに戦争で勝ち、平和を記念してつくられた記念碑です。

そこからはウランバートルの町が一望でき、とてもいい眺めになっています。

ここで毎日、夕方の頃まで腕に鷲を乗せる体験ができるそうです。

これが、ウランバートルのど真ん中!

ウランバートルのど真ん中に立ってみました!

ここスフバートル広場には、有名なチンギス・ハーン像もあり、たくさんの観光客が訪れます。

周りにはオペラ劇場や政府関係の建物が建ち並んでおり、年越しイベントなどもここで行われるそうです☆

 

いかがでしたでしょうか。

世界中でもモンゴルでしか体験できない大草原での生活。そこには自然と共に生きる人たちと、大自然の

中でしか味わうことのできない感動がたくさんあります。

ぜひ一度はモンゴルへ旅をしてみたくなりますね!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)