一人旅に出よう!(準備編②):出発までの準備(海外編その2)

さて、パスポート、ビザ、保険の準備が出来ました!もう少し楽しい準備をしたいところですが、もう一つ大事なものがありました。

4.予防接種

海外旅行をするとよくわかりますが、日本は世界でもトップクラスのクリーンな国なんです。だからその生活に慣れていると海外での食事や環境で体調を壊してしまうことも多いです。ちょっと前に日本でデング熱の方が出てニュースで大騒ぎになってましたが、デング熱なんてアジアや南米では普通にかかるリスクのある病気ですからね。狂犬病も。世界で狂犬病が完全に駆除されている国って、確か日本とアメリカと、あと数か国しかなかったと思います。いかに日本が安全か、よくわかります。
さて、予防接種ですが、中南米やアフリカなどに行く場合には注意が必要です。というのも、国によっては例えば黄熱病などの感染を防ぐ予防接種を受けたという証明書の提出が入国に必要なケースがあるからです。具体的な国や飛行機の乗り継ぎなどで行く場所を調べてチェックしときましょう。ちなみに私はブラジルのワールドカップに観戦に行きましたが、日本から出発の場合黄熱病の予防接種は必須ではありませんでした黄熱病やデング熱などは地域によって危険度も違うため、自分の滞在予定場所がどの程度危険かも見ておきましょうね。
それでも接種を受けたほうが良いものとして、A型肝炎と破傷風などがあります。A型肝炎はアジアや中南米に行く時は受けておくと安心です。

5.ガイドブック

ガイドブックは必須の持ち物です。一人旅だから自由に動けるんだし、特に必要なんじゃ??と思ってる人もいますが、一人旅だからこそ余計に必要です。最近では本だとかさばって重いので、スキャンしてタブレットとかで持ち歩いている人もいますね。私はアジアをバックパックしたとき本を持っていき、国を移動する旅に要らなくなったものは捨ててました。
行く前はざっと、どういうところを周りたいか、大よその行先候補を決めておきましょう。あとは治安情報や気温、ビザの有無もたいていガイドブックに載ってます。電源プラグも日本と違う場合は準備が必要です。そして観てまわるスポットは開館時間と休館日もちゃんとチェックしておきましょう。行った日が休館日で入れなかったってことはよくありますからね。
ざっとガイドブックに目を通したら、各日の行動プランと宿泊先を決めましょう。長期バックパック旅の場合、宿泊先は行った先で探すというのでもいいと思います。
ガイドブックをみてプランを決めていると、旅のワクワクがだんだん出て来ると思います!楽しみ感が出てきたら準備も楽しくなりますね!

6.飛行機チケット

これが一番最初なんじゃないかって気もしますが・・・^^;
飛行機チケットを取る場合の注意点としては、乗り継ぎが必要な場合は乗り継ぎ時間がどのくらいか、また、到着時間ですね。現地の夜に到着するのが不安な方は、現地の夕方までに到着する便を探してみましょう。
乗り継ぎ時間も、慣れないうちは大目に時間をたっぷりとったほうが無難です。4時間以上あれば安心ですかね。特にアメリカを経由する場合、入国審査が絡んでくるとかなり時間がかかります。また、飛行機の遅延も日常茶飯時ですし。日本の航空会社は結構待ってくれること多いんですが、海外の航空会社は時間に搭乗してなかったらあっさり出発しちゃいます。万が一乗り継ぎに乗り遅れても焦る必要は無いです。空港の係員に事情を説明して、次の便を予約しましょう。追加料金がかかってしまう可能性もありますが、そこは気にしないで。。
飛行機にしても、旅にしてもよく一日の観光プランをかなり詰め込みがちです。だから乗り継ぎ時間で時間を持て余すのがもったいない!と思ってしまうかもしれませんが、ある程度心の余裕も必要です。どうしてもという方はもちろん、詰め込んだプランでも全然OKです。ただその通りに行かなくてもだれも責めることはできません。一人旅は自己責任ですから。

 

さて、次回は具体的な荷物の準備についてみていきましょう。

タグはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)