旅ガイド

【海外】オンラインアンケート大調査!一人旅におすすめの都市ランキング

皆さんは海外の一人旅で行き先を選ぶ時、困ったことはありませんか?
日本とは勝手が違う海外。治安やアクセスの良さなど、行き先を選ぶ際に気にすることも多いのではないでしょうか。
今回は海外一人旅経験者に、「海外一人旅でおススメの都市」をオンラインで大調査!ランキング形式でまとめてみました。
ぜひ海外一人旅の参考にしてください!

【海外】一人旅におすすめの都市:アンケート調査の概要

調査手法と概要

今回、一人旅におすすめ、人気の都市を調査するにあたって実施したアンケート調査の概要は下記のとおりです。

母集団500名(男性:123名、女性:372名、その他:5名)
年齢層10代(6名)、20代(128名)、30代(218名)、40代(107名)、50代(34名)、60歳以上(7名)
これまでの海外一人旅経験3か国未満(308名)、3~5か国(102名)、6~10か国(52名)、11~20か国(24名)、21~30か国(9名)、31~50か国(3名)、51か国以上(2名)
実施方法オンラインによるアンケート回答方式

このオンライン調査の母集団は、これまで海外の一人旅経験がある方500名。内訳は上記のとおりです。
性別と年齢の回答数をご覧頂くと、女性の30代が最も多いセグメントとなっていますので、今回のアンケート結果はやや女性よりの意見が反映されたものであるとご理解頂けると幸いです。

年齢に関しては30代が最も多く、20代・40代の2倍近い回答数となっていますが、ご参考までに5位以内の都市に関してはそれぞれの年代別の順位についても合わせてご紹介いたしますので、ご参考にして頂ければと思います。

調査結果の概要

今回ランクインした都市を見ると、共通するのは多くが国の首都であり大都市であること。

やはり交通機関を始め、インフラが整備されていて一人旅をする上でも不便に感じることが少なく、また大都市であるがゆえに日本から直行便などでアクセスしやすいのも理由であると考えられます。

そのほか、大都市の方が一般的に治安も良く、ショッピングやグルメなど気軽に観光を楽しむことができること。また大都市なので街のの人も海外からの旅人や観光客に寛容で、フレンドリーであることが多く、それも一人旅をする上での安心感や旅先でのふれあいといった楽しさに繋がりやすいのも人気につながったと思います。

【海外】一人旅におすすめの都市ランキング

第1位 台北(台湾)

堂々の第1位は台湾の首都、台北です!(20代:2位、30代:1位(同数)、40代:1位)

日本から飛行機で3時間程度で行けてしまうほどのアクセスの良さ、親日国であり人々も親切、さらには多少の日本語を話すことができる人も多く、安心して一人旅を楽しむことができます。

そのうえグルメはもちろん、タピオカやマンゴーといった南国ならではの食材が豊富であり日本とは違う雰囲気を味わうこともできますし、ショッピングや観光にも困ることがない、まさにパーフェクトな街と言えるでしょう。

「日本と似たような街並みなので、海外一人旅が不安な人には特におすすめです!土産物屋では店員さんも積極的に話しかけてくれるし、試食もたくさん勧めてくれるので、すっかり打ち解けることができました!時差が1時間しかないので、週末にふらっと海外に行くにもおすすめの場所です!」(40代女性)

「治安はいいし、女性一人旅をしても危険な目にあったことはない。マッサージの料金が安いので、たくさん行けます。食事も味付けがマイルドなので現地のレストランでも不安はありません。小籠包、タピオカミルクティ、マンゴーとデザートなど、本当に美味しいものばかり。
疲れを癒す一人旅にオススメです!」(20代女性)

「料理が美味しく、まず外さないと思う。異国情緒も味わいつつ治安的にも安心で、価格も抑えた旅行ができ万人にお勧めできる。鼎泰豊が有名だが、現地にしかない美味しい店がいくらでもあるのでぜひ自分で探索してほしい。」(30代男性)

一人旅に限らず日本人に人気の旅行先であることは間違いなく、ガイドブックはもちろん、個人のブログやツイッターなどで簡単に情報を調べることができること、またタピオカブームのように常に目新しいお店や流行があるので、ガイドブックに載っているお店だけではなく、自分のお気に入りのお店や場所を見つける一人旅も楽しそうですよね!

第2位 バンコク(タイ)

1位の台北と僅差でしたが2位となったのがタイの首都、バンコク!(20代:1位、30代:3位、40代:2位)

バックパッカーの聖地、カオサンロードは一人旅のバックパックでは1度は訪れてみたい場所ですよね。

海外一人旅でおすすめの都市として理由が多く挙がったのが、台北同様、やはり一人旅のしやすい場所であるという点です。
「微笑みの国」と言われるだけあって親切な人が多く、また英語が通じなくてもジェスチャーで何とかコミュニケーションをとることができる。グルメはもちろん、夜も最低限の注意を払っていれば治安は良く、一人旅の楽しさを感じやすい場所と言えるでしょう。

「比較的治安がいいのと、世界中から訪れるバックパッカーが多いのでゲストハウスなどですぐに友達になれる。ご飯が美味しくて安い。タイ人はみんな優しくて道とかも親切に教えてくれるし、バンコクは公共交通機関も発展してるので移動がしやすいです。一度バンコクで携帯の充電が切れてホテルまでマップを合わせることができなくて、帰り方がわからないので現地の人に聞いたら調べてくれて無事に帰れました。」(20代男性)

「一人旅をするのにはピッタリ。物価も安く天候も良いので持って行く荷物も少なくて済む。現地には外国人が多いので言葉も有る程度の英語が話せれば全く問題ない。マーケット等も有ってお買い物が楽しめるので女性には特にお勧め。」(40代男性)

「タイの人たちは親日なのでとてもフレンドリーで優しいです。都市部では、どんどん近代的なビルが建っている姿を見ることができたり、オシャレなショッピングモールで買い物ができますし、少し外れると昔ながらの町並みや屋台を見ることができて、いろんな風景を楽しむことができます。なによりもご飯が美味しい!フードコートでも、屋台でも、マーケットでも、どこで食べてもハズレがありません。タイ米ってこんなに美味しいんだと感動しました。日本でもタイ料理を食べることができますが、やっぱり本場の味には敵わないですし、値段も安いので絶対また行きたい場所です。」(30代女性)

バンコクは日本に限らず、世界中からバックパッカーや一人旅の人たちが訪れるグローバルな大都市です。
日本人はもちろん、アジア人や欧米人などいろいろな国の人が集まっているので、海外の旅の仲間を作りたい人にはピッタリの場所ではないでしょうか。
旅での出会いは他では得ることのできない貴重で素晴らしい経験と繋がりをもたらしてくれます。

日々進化する街、という点では台北よりも勢いがあるかもしれません。一人旅の度に新しい発見があるため、何度訪れても楽しい、という意見も多くありました。

第3位 シンガポール(シンガポール)

第3位はシンガポール!(20代:5位、30代:1位、40代:10位圏外)

日本からも直行便が出ているシンガポールは、世界で最も安全な国、住みやすい都市として常に上位にランキングされる常連の都市でもあります。

「シングリッシュ」という独特のクセがあるものの、英語が公用語の1つとなっていること、街も近代的で清潔、治安も良いため一人旅をしやすいですし、国がコンパクトにまとまっているので週末の弾丸一人旅でも十分に楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

「英語が公用語の一つなので、英語が話せれば一人で訪れても全く問題はありません。また、治安も良く街も綺麗なので一人旅でも安全な国です。食事はとても美味しく、中華・マレー・インドなど色々な国の料理を楽しむことができます。お勧めは、地元の人も使う「ホーカー」と呼ばれる屋台。街の至る所にあり、美味しい料理を安く食べることができます。もちろん一人で利用しても、全く問題ありません。滞在中何度も一人で利用しました。また、ショッピングモールなどにあるフードコートも安くて美味しいのでお勧めです。私が好きな料理は「ラクサ」と呼ばれるマレー系の麺料理です。ココナッツミルクのスープが麺と合って美味しいです。」(30代女性)

「比較的安全できれいな感じがします。日本人狙いのスリなどには気をつけてほしい。」(30代男性)

「ブギスは、日本で言う、アメ横のような少しその地に根付いているような昔からの商店街のようなイメージのお店がたくさん並んでいます。地下鉄の駅からも近いし、観光客も少しはいますがその地に住んでいる人たちも日用品や雑貨を買い求めたりしにくるような場所で、とにかく物価も安い!そしてお店の人との距離がとても近いのが印象的。下町感があって、なんか海外なのになんだか落ち着く雰囲気が好きでした。観光地のようなガヤガヤした感じが無い。」(20代女性)

ショッピングやグルメ、リゾートから植物園、ナイトサファリといった観光スポットもあり、昼夜を問わず楽しむことができる場所でもあります。

マリーナベイ・サンズは特に人気ですが、それ以外にもアラブストリートやチャイナタウンなど、散策してみると面白い場所がたくさんあるので、一人旅の自由を活かして、じっくり散策してみると楽しいですよ!

第4位 ソウル(韓国)

第4位は韓国の首都、ソウルです!(20代:3位、30代:6位、40代:10位圏外)

台北同様、日本から直行便やLCCでお手軽に旅を楽しむことができる韓国の首都、ソウル。最近では韓流ドラマやK-POP、映画でも「パラサイト」がアカデミー賞作品賞を受賞するなど、特にエンターテインメントで日本だけでなく世界的にも人気の国になっていますよね。

「日本から簡単に旅行できる場所でもあり、どこ歩いても日本語が書いてあって韓国語が読めない方でも旅行がしやすいところだと感じた。治安は場所によるが、基本的に夜中も一人で行動しなければ安全だと言える。郊外になると食事する場所も価格がとても安くておかずも多く満足感も満腹感も高め。東大門市場は夜中から開く卸売市場があるし昼から開くコンビニやカフェなど、ずっと買い物してたい!って方にも、ゆったり観光したいって方にもおすすめな場所。」(20代女性)

「治安・物価・日本からの所要時間が女性の一人旅として安心できる。日本語ができる現地の方も多く、いい意味で「おせっかい」なアジュンマ(おばさん)が多いので、困ったときも助けてくれる。美容(コスメ)・芸能・食事などの文化も親しみやすく、若い女性のひとり旅先としておすすめできる都市。」(20代女性)

「日本に非常に近く、治安、食事、ショッピング、更に現地での動きやすさ等、全てが揃っており、日本と同じ感覚で行動できる。特にショッピングは高級品からリーズナブルなものまで幅広く商品が揃っており、かなり満足できる。」(50代男性)

ソウルが海外の一人旅におすすめなポイントとして、日本と同じ要領で旅を楽しむことができる、という点があります。
地下鉄はじめ交通機関が日本同様に発達していることもそうですし、ドラマは音楽を通じて韓国文化にも親しみ、慣れている方は初めてソウルを訪れてもどこかなじみがある場所のように感じるのではないでしょうか。

その一方で韓国の歴史や本場のグルメなど、海外ならではの新鮮な体験も楽しむことができるので、日本にいるような安心感もありながら海外の雰囲気も味わえる、まさに一挙両得な旅先であると言えるでしょう。
2時間ほどのフライトで、時差も無いのでぜひ週末を利用しての一人旅でも楽しみたいですね。

第5位 ロンドン(イギリス)・ニューヨーク(アメリカ)

第5位は同数でロンドンとニューヨークとなりました!

どちらも英語圏でそれぞれイギリスとアメリカの首都であるという点で共通していますが、それぞれ違った魅力がある都市です。

「あまり食事がおいしくないイメージだが、パプやバー飯などでおいしいものも最近では多くあり、ガイドブックだけでなく、ホテルのフロントなどで尋ねていただき、おいしいものを見つけてほしい!治安には少し不安あり。」(ロンドン:30代男性)

「東京と雰囲気が似ているので、滞在中もリラックスして旅行ができた。一度は教科書で見たようなものが美術館・博物館で見ることができ、展示数や観光施設自体も多いので全く飽きない。物価はやや高いが、自炊ができるようなホステルなどを利用すれば食費を抑えられると思う。アメリカほどではないが。白人・黒人・アジア人が雑多に居住しているので日本人が一人で旅行に訪れても、全く浮かない。」(ロンドン:20代女性)

「観光スポットがたくさんあり、ショッピングや食事が楽しめて一人旅しやすい。英語圏であること、地下鉄やバスで移動できることは旅をする上でけっこう大きい要素。
イギリスの食事はまずいけれど、アフタヌーンティーや各国の料理は楽しめる。美術館めぐりや広い緑豊かな公園でゆっくりできる。また、各所でマーケットが開かれるので、雑貨やアンティックなものを眺めるだけで楽しい。」(ロンドン:60代以上女性)

まずロンドンについては、博物館・美術館巡りをおすすめする声が多く挙がりました。無料で楽しめる施設が多いので、手軽に芸術を楽しむことができるのは、安旅で一人旅をされている方にも嬉しいですよね。
一方でビッグベンやタワーブリッジ、バッキンガム宮殿といったヨーロッパを感じられる建物や、アフタヌーンティー、パブ巡りと言ったイギリスならではの文化も楽しむことができ、特にパブではお酒を飲んで陽気な人ばかりなので、一人で訪れてもすぐ周りの人たちと打ち解けて会話を楽しむことができるのも一人旅には嬉しいポイントです。

「もともとミュージカルが好きだったのですが、ブロードウェイで観た本場のミュージカルの豪華さが忘れられません。
色んな国の人が集まっている都市なので、欧米人だけでなく様々な国の人と友達になれました。」(ニューヨーク:20代女性)

「人種のるつぼと言われるようなところで、とにかくいろいろな人がいます。旅で出会った人たちもそれぞれ夢を追いかけてやってきたりととても刺激のある出会いがありました。美術館や博物館巡りからカフェ巡りしたり、ストリートパフォーマンスを見たりとても刺激的な街です。」(ニューヨーク:40代男性)

「地下鉄があるので、どこに行くにも安心して移動できる。私はあまり他人から声を掛けられるのが苦手なので、あまり親しみやすい街だと疲れてしまう。ニューヨークにも危険なところがあるが、街を歩いていると、その場所がなんとなくわかるようになってくる。一人旅をしたいが不安だと思っている人にはおすすめ!」(ニューヨーク:40代女性)

ニューヨークをおすすめする声として大きく挙がったのは、やはり世界中から夢を持った若者をはじめ、最先端の流行やビジネスが生まれるダイナミックな場所としての魅力です。

ミュージカルのブロードウェイをはじめ、ウォール街やブルックリンなど、地域ごとにいろいろな顔を持っており、本当に多種多様な人達が暮らしている都市であることは、短期の旅でも実感することができるでしょう。

また、大都市と言えば物価が気になりますが、高級店からストリートフードなど、予算に合った楽しみ方ができるのは東京都似ているかもしれません。

何か刺激が欲しい、発見が欲しい、そういったもやもやを感じている方にとって、ニューヨークへの一人旅は何か新しいモノに出会える良い機会になるかもしれません。

第7位 ハワイ(アメリカ)

第7位は日本人の旅行でも大人気、ハワイ!

テレビでもよく特集されたり、その魅力にどっぷりはまって何度も訪れる人も多いハワイは、自然はもちろん、どこかのんびりとしてでもフレンドリーな人々、グルメ、どれをとっても期待外れになるようなことはありません。

リゾート地であり、あまり一人旅のイメージが湧かないかもしれませんが、一人旅の行き先としても人気がある理由をご紹介しましょう。

「現地の人が穏やかで気軽に話をしてくれるので、一人旅でも寂しくなりませんでした。バスで移動するときに、行き先を運転手に伝えておくと、バス停に着いたときに教えてくれました。英語圏ですが、日本語が通じることが多いので安心です。」(40代男性)

「綺麗な海や自然があるので、癒しスポットが多くあります。現地の人の暮らしも体験できて日本語も通じるため、海外ひとり旅では安心して行動できます。」(20代男性)

「始めて海外一人旅をした場所でドキドキしていたが、日本とアメリカの中間地点という雰囲気で両方の良さを感じることが出来た。日本人の海外旅行先として人気な為、食事、言葉、日用品と様々なものが日本人向けなので、女性1人でも安心して旅行できた。また、ハワイの人々は陽気な方が多く、気軽に話しかけられることも多く迎え入れられているように感じてとても嬉しかった。バス停が分からず困っていたところ、その場所まで親切に案内してくれたこともあった。観光業で成り立っている部分が大きい為、観光客にとても親切であり、1人で楽しめるアクテビティも多い。ワイキキを離れると手付かずの自然が沢山あり、1人でゆっくり過ごすこともできる。ビーチだけでないハワイの奥深さに他の人にも感じて欲しいと思う。」(30代女性)

観光地として世界中からたくさんの人が訪れることに慣れているからでしょうか、地元の人がとてもウェルカムな雰囲気なので一人でも楽しむことができる、という声が特に多かったです。
また、時間帯によっていろいろな表情を見せてくれるビーチでぼーっとのんびり過ごすだけでもリフレッシュになるので、自分のペースで、リラックスして楽しむことができる一人旅にもぴったりの場所と言えます。

第8位 バリ島(インドネシア)・バンクーバー(カナダ)

第8位はこちらも同数でバリ島とバンクーバーがランクイン!

インドネシアのバリ島はハワイと並んで日本人に人気のリゾート地の1つですが、そのアジアンチックな雰囲気はハワイとはまた違った魅力があります。

「どのような旅スタイルにも合致している、稀有な場所。狭いようで広くて、周りを海に囲まれているので行動計画を立てやすい。物価は安くて人もまずまず親切。食べ物も地酒も美味しい。エアラインの便もたくさんあって困らない。のんびりするにうってつけの楽園。」(バリ島:40代男性)

「バリは一人でも全く寂しくなく、むしろ国籍問わず一人旅の女性が多くいます。
逆に一人旅をしている人の方が声をかけやすく、現地で仲良くなれる可能性が高いです。」(バリ島:30代女性)

「スパイシーフードとふわっとした人々が癒し。海も山も素晴らしい。特に海は良い。タクシーは交渉次第で運転手さんおすすめのところを案内してくれる。ご飯は地元料理のお店だと当たり外れが大きい。おすすめと言われたお店は口に合わなかったが雰囲気は十分楽しめた。チェーンでなくてもダイナーっぽい店は大体美味しい。虫が多いので現地で虫除け調達必須。物価安く、見慣れない野菜や果物は見てるだけで楽しい。」(バリ島:40代女性)

一方のバンクーバーはカナダの玄関口である大都市です。ロンドンやニューヨークのような先鋭的な都市に比べると少しのんびり、また自然も多くて人々もフレンドリーである点がこの都市の魅力でしょう。

「北米1位2位を争う治安の良さ!犯罪は少なく、街中の人たちは親切です。女性一人でも安心して旅行できます。街中を一人で歩いているアジア人は多いので安心。交通の便もよく、バスや電車があるので車がいらない。日本人が多く日本語も通じる場所があるのが安心です。そして北米の雰囲気やショッピング、観光名所も巡れちゃうので文句なしのお勧めです!」(バンクーバー:10代女性)

「人も盛んで賑やかである一方、自然も楽しめる。公園や水族館等、観光向けの場所が多いこともあり、初めてでも十分楽しめる利便性の高いおすすめの都市です。」(バンクーバー:20代女性)

「治安、物価、都市の配置、交通の便などが最高。公用語も英語で、困ることはほとんどない。カナダのグルメではないが、バンクーバーで食べたシンガポール料理の味が忘れられない。
時間に困った時には、ヒッチハイクで親切なマダムに目的地まで連れて行ってもらった!
大都市でありながら、直ぐ近くに大きな公園もあり、リスもいる。
お昼には、公園でランチしている人々が沢山いて、本当に居心地の良い最高の地だった。
できることなら、住みたい。」(バンクーバー:30代女性)

第10位 パリ(フランス)

第10位はフランスの首都、パリ!

その華やかなイメージから、憧れを抱いている日本人も多いパリ。観光大国でもあるフランスは、世界中から観光客が訪れる、ヨーロッパでも屈指の旅先と言えます。

「華やかな欧州の文化や建築物に圧倒される。テラスでコーヒーを飲みながら街を観ているだけで本当に感動する。また行きたい!」(20代女性)

「おしゃれでごはんがおいしい。ウィンドウショッピングも楽しい。美術館がたくさんあり、絵画好きにはたまらない。ミュゼ・パスという美術館フリーパス券もあるのでそちらを活用して堪能できる。
カフェも最高。おいしいショコラやクロワッサン、なんといったもバゲッドサンドが最高。お天気や気候の良い日にそのへんの自然がたくさんある公園や芝生で食べるのも最高。」(30代女性)

「なんと言っても街並みが凄く綺麗です。日本で見慣れたカフェやチョコレートショップの本店やブランド物の本店など沢山のショッピングスポットがあります。買い物しないまでも見るだけで楽しいと思います。後はお洒落な人が多く、自分のスタイルがある方が多いのでファッシャン好きには街並みのカフェで外を観てるだけでワクワクすると思います。パンも凄く美味しいので、毎朝パンを買ってゆっくりブランチを楽しんでました。」(20代女性)

やはり、街並みの雰囲気だけでも感動するという声が多いパリ。
カフェやスイーツなど、美味しいものは日本でもたくさんありますが、その街並みが醸し出す雰囲気のなかで楽しむことができれば、それはまた別格でしょう。

「美しくてきれいなイメージがあったが、場所によっては汚い場所もあって良い意味で現実を知ることができた。」という冷静な声も。

 

いかがでしたでしょうか。
一人旅で初めての場所を訪れる時、それが海外の都市なら必ずしも事前に思い描いていたようなイメージの通りの街であるわけではなく、そこで日々の生活を送っている人がいて、またテレビや雑誌で切り抜かれた一場面以外の場所も目にすることがあり、場合によってはがっかりすることがあるかもしれません。

それでも、やはりその場所を旅して体験できるすばらしさや楽しさ、感動はそんな少しのマイナスを十分にカバーして余りあるほどの豊かな経験をもたらしてくれるはずです。

もし海外の一人旅で行き先を思案されている方は、ぜひご参考にしてみてください!

【海外】一人旅におすすめランキング(国編)

今回は海外の一人旅におすすめな都市のランキングをご紹介しましたが、国別ランキングについてもぜひご参照ください!

【海外】オンラインアンケート大調査!一人旅におすすめの国ランキング

-旅ガイド

Copyright© みんなの一人旅 , 2020 All Rights Reserved.