【丸わかり!海外ひとり旅】アゼルバイジャン12日間バックパックの旅!(シェキ編②)

アゼルバイジャンひとり旅、5日目は引続き、歴史の街シェキを観光します。

キャラバンサライ(隊商宿)や、シェキ・ハーン宮殿など、シェキの見どころをまとめてご紹介!

 

Tehran Hostel。普通の家と変わらず、看板も無いのでわかりにくい。。

今日は少し朝ゆっくりしてからの出発!

現在滞在しているTehran Hostelは、部屋の写真を撮り忘れてしまいました。。

エアコンは付いていませんが、ここシェキは朝晩はとても涼しいので、扇風機だけでも十分快適に過ごせました。

外観はほぼ普通の家で、庭にかわいらしいブランコがあります。

シャワーも暖かいお湯が出ますし、トイレもプレハブで庭の片隅にあるのですが、とてもきれいです。

 

ホストマザーに暖かい紅茶をもらって、いざ出発!

まずはシェキ・ハーン宮殿(夏の宮殿)を目指します。

旅のヒント⑮:シェキ・ハーン宮殿は2か所ある

シェキの最大の見どころ、シェキ・ハーン宮殿は、夏の宮殿と冬の宮殿の2か所あります。

大きく、観光スポットとして人気なのは夏の宮殿のほうですが、こちらは宮殿内の写真撮影は禁止です。

一方、冬の宮殿は少し小さいですが、追加料金を払えば、写真撮影が可能です。

何といっても、美しいステンドグラスが見どころのシェキ・ハーン宮殿。写真に収めたい方は、冬の宮殿も訪れてみてください!

 

シェキ・ハーン宮殿(夏の宮殿)

ゲストハウスからいったんシティセンターまで行き、そこから11番のマルーシュトカでシェキ・ハーン宮殿へ。

途中、オールドバザールで少し停車するので、シティセンターからでも、20分ほどかかります。

バクーの旧市街で観たような城壁が見えてきました。

この中にいくつかの建物がありますが、シェキ・ハーン宮殿は一番奥です。

入口を入ると、まず右手にお土産ショップが並んだ建物がありますが、それは後回しにして先に進みます。

すると、左の方から椅子に腰かけたおばさん3人組が、しきりにこちらに向かって何かを言っています。

よく聞くと、どうもこの奥に博物館があるらしい。(おばさんたちは、「ミュゼ、ミュゼ!」と叫んでました。)

せっかくなので、入ってみることに。入場料は2MNT。

シェキの歴史や、昔の衣装、生活の様子などが展示されていましたが、残念ながら英語の説明書きが無いので、さっぱり分からず。。

昨日訪れたアルバニア教会は、ちゃんと英語の説明もあったのに、残念。

さらりと見学すると、出口はお土産スペースになっていて、2人のおばちゃんがいろいろと売りつけてきました。

せっかくなので、腕に付けるアクセサリーを買ってみることに。もちろん、値引き交渉も忘れません!

こちらがそのアクセサリー。2つで3MNT。(スタート価格は5MNT。)

普段はあまりアクセサリ系は何も付けない、ファッションに疎い男ですが、旅先ではせっかくなので現地で買ったものを身につけるようにしています。

その方が、何となく現地に溶け込める気もするので(笑)

こちらが、シェキ・ハーン宮殿(Summer Palace:夏の宮殿)です。

建物の敷地に入る前に、チケット売場があるので、そこでチケットを購入します。確か、こちらも2MNTほどだったと思います。

なお、英語でのガイドが必要な場合は、5MNT追加で払うと、ガイドが説明をしてくれます。

 

こちらの宮殿、チケットを買えば勝手に入れるわけではなく、入口で名前を呼ばれた順番に入ることが出来ます。
(なので、チケットを買う時に名前を聞かれます。)

この日は学校の子どもたちも見学に来ていたので、中に入るまでに5~10分ほど待ちました。

残念ながら、内部は撮影禁止なので写真はありませんが、窓に組み込まれたステンドグラスはとてもきれいでした!

太陽の光で部屋の中に色が映し出される時間帯なら、もっと美しいと思います。

建物は外の壁や、屋根の裏側もよく見ると細かい装飾がされていて、こちらもよく見ると面白いです。

 

宮殿自体はそれほど広くなく、先ほどの博物館と合わせても1時間もかからず全体を観て周ることが出来ると思います。

最後に、入口の隣の通路からお土産屋が並んでいる建物に入り、小さなステンドグラスを買ってみました。

この建物内には、ステンドグラスを手で作っている職人さんのクラフトワークスペースもあり、製作されたステンドグラスも売っています。

お値段は少々高く、サイズが大きいものになると100MNTぐらいしてました。。

こちらのサイズでも50MNTもしました。

正直、クオリティ的にどうなのか、、という疑問も残りますが、旅の思い出プレミアムということにしておきましょう。

せっかくなので、「Memories of Azerbaijan」と日付の焼き印を入れてもらいました!

キャラバンサライ(隊商宿)

続いて、シャキ・ハーン宮殿の南側の入口を下って数分の場所にある、隊商宿に行ってみることに。

シェキの家は、バクーやガバラとはまた違った雰囲気ですね。

こちらがそのキャラバンサライの入口です。

ここは、実際に宿泊することもできるので、観光客にも人気のスポット。

事前のリサーチ不足で、こんな場所があるとは知らず、、1日ぐらい宿泊してみたかった。。

ですが、宿泊者でなくても、中の見学が可能です!

12時以降になると、写真のように正面の扉が開放されます。

ロンプラには、

「開放時間でなくても、『奥のレストランに行きたいんだ。』と言って、中に入ってしまおう!」

と記載されていました。アグレッシブ!

中はこんな感じです。雰囲気がありますね!

奥には、レストランもあります。

実際に隊商宿として使われていた場所なので、建物をよく見ると歴史を感じます。

こちらの扉は、当時使われていたのでしょうか。鍵が掛かっています。

中庭もきれいに整備されています。

シェキを訪れる際は、こちらのキャラバンサライでの宿泊も良いかもしれませんね!

お土産ショッピング

隊商宿を出て、シティセンターへ下っていく坂道にはお土産屋さんがずらりと並んでいます。

いくつかのお店は、撮影禁止の看板を掲げているので、近くや店内での撮影には気を付けましょう。

その中で、ひと際目を引いたのが、カラフルなデザインの食器小物のお店。

店内にはいろんな色の、カラフルな小皿やカップ、プレートが所せましと並べられていて、眺めるだけでも楽しい!

10MNTから20MNTぐらいで、お土産にはぴったりだと思います。

陶器なので、割れないように気を付けてください。

プチプチで包んでもらいましたが、帰国して開けてみると真っ二つに割れてしまっていました。。。

遅めのランチ

時刻はすでに14時前。

ずっと歩き回っていたので、休憩がてら、坂道の途中に見つけたレストランでランチにしました。

店内にはほかに、4人のおじさんたちがいたぐらい。

しかも昼間からお酒を飲んで豪勢な食事をしていました。

ガバラでも思ったんですが、紅茶とかを飲んでのんびり雑談しているおじさん達、仕事とか無いのかな?

それとも、仕事の間の休憩時間?

なんだかのんびりしていて、羨ましい。

あくせく働いている日本よりも、こうやってのんびり紅茶や将棋盤みたいなゲームを楽しむ生活もいいなあ。

こちらが本日のランチ。

メインは、右のポットに入ったシチューみたいなもの。

Pitiと呼ばれる、シェキのローカル料理みたいです。

中には、ホルモンのような白い肉とポテトなどが入っていて、シチューよりもあっさりしたスープがとても美味しい!

シェキでは、レストランで注文すると、必ず

「サラダはいかがですか?」

とおススメされるので、

「じゃあサラダもください!」

と言うと、決まってトマトときゅうりにパクチーなどの香草を和えたサラダが出てきます。

紅茶も付けて、これで8MNTほど。安い!

 

午後の後半戦は、次回!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)