【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(1日目:入国~シェムリアップ編)

今回ご紹介する海外ひとり旅は、ひとり旅もしやすく特に人気のあるカンボジア!

カンボジアの人気観光スポット、アンコールワットの楽しみ方や、拠点となるシェムリアップからアクセスできる天空の世界遺産もご紹介します!

これを読めば、カンボジアを旅するうえで必要な情報や知識を漏れなく知ることができます!

1.1日目:入国

旅のヒント①:アライバルビザの取得方法

カンボジアへの入国にはビザが必要ですが、ビザは事前にe-visaとして申請することも可能です。今回はアライバルビザの取得についてご説明します。

アライバルビザの申請に必要なのは、
①申請料30ドル
②6×4cmの写真
の2つです。

日本の空港でチェックインの際にビザが無い場合、この2つがビザ申請に必要な旨の注意を受けるかもしれません。

ですが、実際は写真がなくてもじつはOKなんです!

プノンペン国際空港に到着すると、イミグレーションの前に「visa application」と「visa collection」という2つの窓口があります。

アライバルビザの申請は申請書に必要事項を記入して、「visa application」カウンターに並びます。機内で申請書をもらっていない場合は、近くにいる係員から申請書をもらって記入しましょう。

この時、写真を一緒に渡さないと、
「シャシン!」と突っ込まれ、「No」と答えると、「3ドル!」と追加料金を請求されます。

ここで3ドルを払えばすんなりビザが申請できてしまうというわけです。

申請書と一緒にパスポートを渡して、隣の「visa collection」の窓口に移動します。

ここで係員が名前とパスポートをガラス越しに提示するので、自分の名前とパスポートが提示されたら窓口に進んで申請料30ドルを払いましょう。

 

以上がアライバルビザの取得方法です。写真は必ず必要ではないですが、ドル紙幣は忘れずに日本で準備しておきましょう。

 

イミグレーションは特に何も質問されることなくすんなり通過できました。

通過するとすぐにバッゲージクレームがあるので、そこで荷物を引き取って最後に税関申告ゲートで税関申告書を渡せば無事に入国完了!

旅のヒント②:空港でローカルSIMの購入を忘れずに!

無事イミグレーションを通過し、荷物も引き取ってアライバルゲートをくぐると、すぐ目の前にSIMカード売場の窓口が並んでいるので、ここでローカルSIMを購入しておきましょう。

ローカルSIMカードを購入する際には、事前に手持ちのスマホのSIMロックを解除するのをお忘れなく!

今回は使用通信料無制限で1週間ほど利用できるプランにしました。何と5ドル!安い!

 

2.プノンペン~シェムリアップへ

いきなりスコールの洗礼!

空港の入口を出ると、外はまさかの大雨!いきなりスコールに遭遇してしまうという不運。。
今日中にアンコールワットのあるシェムリアップまで移動したいので、雨が止むのを待つ前に移動手段を探すことに。

インフォセンターで「シェムリアップまで行きたいんだけど」と聞くと、
「まずトゥクトゥクでプノンペンの中心部のバス乗り場に行って、そこからバスに乗り換えるのが一番いいよ。」
とのこと。

さっそくトゥクトゥクおじさんを捕まえてプノンペンのバス乗り場まで9ドルで行ってもらうことに。
ちょっと高いな~。。と思いながらも、空港のトゥクトゥク案内の看板に「7ドル~9ドル」と書いてあったのでこれが相場なのかな?

スコールの中トゥクトゥクの中にも容赦なく雨がスプラッシュのように襲いかかってきました。。
初日からいきなりこれで、ちょっとこの先が不安に。。

シェムリアップへのバス

トゥクトゥクのおじさんに連れて行ってもらったバス案内所がこちら。
プノンペンではいくつかのバス会社があるようですが、大きなバスターミナルのようなものはなく、それぞれのバス会社の発着所からバスが出入りをしているようです。

シェムリアップまで、バスで約5時間、今回はVIPバスに申し込んだので20ドルかかりました。普通のバスだと15ドルです。

次のバスの出発時間は17時30分だそうで、それまでここでちょっと休憩。

 

バスを待っている間、喉が渇いたので目の前に出ていたストリート店(出店)で飲み物を購入してみました。

とりあえず日本では売ってないようなパッケージを選んでみたら、どうやらエナジードリンクのようでした。味はベリー味で2,500リエル(1ドル=4,000リエル)。

やっぱり物価は安いです!

 

旅のヒント③:カンボジアでのお金

カンボジアではひろくドルが流通しているので、特にカンボジアのリエルに両替する必要はありません。

ただし、あまり大きな紙幣はおつりが出ないので、なるべく細かいドル紙幣、出来れば20ドルまでの紙幣を準備しておくと良いでしょう。

ドルで支払っても、おつりはリエルで買ってくることが多いです(特におつりが1ドル未満の場合)。

このため、旅をしているとどんどんリエルが増えてくるので、慣れてきたらリエルを使ってお金を払うか、ドルとの合わせ技で支払っても受け入れてくれることが多いので、うまくリエルも活用しましょう!

 

VIPバスのはずが・・・

17時過ぎにバス会社のスタッフがトゥクトゥクで迎えにきてくれて、バスの発着所に連れて行ってくれました。
今回利用したのは「Larryta Express」というバス会社。

VIPというから大型バスを予想していたら、見事に期待を裏切られました。。
普通のミニバン、、座席数は15席ほど。。。

これでVIPなら普通のはどんな感じなんでしょうか。。!?

ちなみにシェムリアバスの小休憩で軽い夜ご飯プまでは途中休憩が2回ほど。うち1回は夜ご飯用。
でもどちらも10分~15分で出発するので、ゆっくりご飯を食べている暇はありません。

1回乗客を忘れて出発しようとして、乗客が走りながら大声で呼び止めるハプニングも。
このバス会社、大丈夫か!?

バスの小休憩で軽い夜ご飯

途中の小休憩で軽く夜ご飯を食べました。
レストランもありましたが、バスがいつ出発するか分からないので近くのストリートフードを注文してみることに。

ポークのサンドイッチ(ハーフサイズ)が3,000リエル(約75セント)とストロベリーシェイク1ドル。
やっぱり物価は安いですね!
ただハーフサイズだとちょっと物足りなかったので、丸ごと1枚にすれば良かったかな。。

こちらがストロベリーシェイク。可愛らしいカップに入れてくれました。

実は屋台のお姉さんは英語を話せなくて、でもお腹が空いていたのでなんでもいいから食べ物が欲しい!みたいなことをジェスチャー交じりに話したところ、出てきたのがこのシェイクでした(笑)

どうやら食べ物では無くて飲み物しか売っていなかったようです。。

バスターミナルからシェムリアップ市街中心部まではトゥクトゥクで

バスの終着点からシェムリアップの市街中心部まではかなり距離があるので、トゥクトゥクで移動するほかありません。
バスから降りるとトゥクトゥクおじさんが次々に声をかけてくるので、適当に行き先のホテル名か住所を告げましょう。

今回滞在したのは「One Stop Hostel」というシェムリアップの繁華街中にあるホステル。5ドルでした。

 

今回のお宿:One Stop Hostel

今回滞在するのがこちらのOne Stop Hostel。

ドミトリーや共同スペースともに清潔で、まだ新しいホステルのようです。

スタッフはとてもフレンドリーで、ホステルを出る時や帰ってきた時には必ず声をかけてくれるので、戻ってきた時にはその日の出来事を話したりして楽しみました!

日本語も少しは話せるので、コミュニケーションも取りやすいです。

それもそのはず、どうやらこのホステルのオーナーは日本人が経営しているようで、日本人の宿泊客も多く見かけました。

 

部屋も冷暖房完備で、各ベッドには読書灯と電源が備え付けられているのでとても便利です。

今回は4泊5日で約2,400円。一泊600円とリーズナブルです。

 

いよいよ明日からアンコールワットを観光します!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)