【丸わかり!海外ひとり旅】アゼルバイジャン12日間バックパックの旅!(ギャンジャ編①)

アゼルバイジャンひとり旅、6日目はバクーに次ぐ第2の都市、ギャンジャへ向かいます。

大都市ながらも、バクーとは全く違うギャンジャの様子をご紹介!

見どころ満載のギャンジャ、ぜひお楽しみください!

 

旅のヒント⑯:シェキ→ギャンジャへのバス

シェキからギャンジャへは、1日に3便ほど、途中のイェブラフを経由するバスが出ています。

正確な時間は、滞在しているホテルやゲストハウスのスタッフに確認する必要がありますが、

朝8時頃
朝9時頃
午後1時~2時頃

と、朝に2便、午後に1便となっています。料金は4MNT。

アゼルバイジャンの長距離バスは、たいていの場合、席が埋まるまでお客さんを待つため、予定している時間より少し遅れてもまだバスが待っていてくれる可能性もありますが、念のため時間に間に合うように予定を立てましょう。

シェキ → ギャンジャ

バスの時間を調べてもらって、午前9時発のバスに乗ることに。

ちなみに、Tehran Hostelのお母さんは、出発するときにマルーシュトカに乗るところまでサポートしてくれて、運転手に目的地も伝えてくれるので、目的地に着くと運転手が声をかけてくれます。

とっても親切なTehran Hostel、おススメです!

シェキのバスターミナル

こちらがシェキのバスターミナルです。

「AVTOVAGZAL」の文字が目印ですが、小さい建物なので少し分かりにくいかもしれません。

この建物の奥がバス乗り場になっています。

少し分かりにくいですが、奥に見えている青い看板に、行き先が書いてありますので、目的地が書いてある青い看板を探してください。

9時発のギャンジャ行きに乗る予定でしたが、ターミナルに着いたときにはすでにギャンジャ行きのバスが停まっていました。

ここからギャンジャまで、2時間ちょっとの旅、出発です!

途中、1時間ほどの場所にあるイェブラフで休憩のために停車。

停まると、1人の少年が物乞いに来ました。

シェキの子どももそうですが、そこまでしつこく無いので、無視することもできるんですが、逆に控えめだとついつい気になってしまい、0.2MNTコインを渡すと、とても喜んでくれました。

ギャンジャが近づいてくると、道端になにやら大きなモニュメントがいくつか並んでいました。

ここに書かれている「Nizami Ganjavi」というのは、とある詩人の名前で、アゼルバイジャンが生んだ偉人です。

おそらく、アゼルバイジャンの人に聞けば、誰でもその存在を知っているほどのビッグネーム。

「Nizami street」のように、名前を取った通りの名前はバクーを含めて、アゼルバイジャンの多くの街に存在しています。

ここギャンジャは、そのNizami(ニザーミー)の出身地としても有名なんです。

ギャンジャ到着!

バスを降りたのが、街の入口にあるロータリーのそば。

バスを待ち受けていたかのように、たくさんのタクシードライバーが声をかけてきますが、頑張ってホテルまで歩くことにしました。

今回滞在する「Ganja Hotel」は街の中心地にあるので、ロータリーからは歩いて30分弱かかりました。。

広い道路を歩いていくと、公園のような広場にぶつかりました。

ギャンジャは、バクーに次いでアゼルバイジャン第2の都市と言われていますが、バクーより緑が多い印象です。

先ほどの公園から左の方に向かうと、何やら立派な石像が立ち並ぶ一角に。

これもニザーミーに関係する石像なのかな。

この一角をさらに進むと、道路の両端にお店が立ち並び、人通りが多い通りに入ります。

ここで、道路沿いに立っていた警官に呼び止められました。

大きなバックパックを担いでいるからでしょうか、パスポート、ビザと、滞在先を聞かれました。

アゼルバイジャン語で、少し怒ったような不機嫌な口調で話してくるので、ちょっと感じが悪いな・・と感じましたが、特に何も無くパス。

こちらが、賑わっている通りの一角です。

ガバラやシェキに比べると大都市なので、賑やかだし活気も感じられます。

今回の滞在先、ギャンジャホテル

こちらが今回お世話になる、ギャンジャホテルです。

直前にギャンジャの滞在先をBooking.comで探したので、ギャンジャのゲストハウスはすでに満室でした。。

1日~2日前だと、安いゲストハウスに泊まれず、割高なホテルになってしまうリスクがあるので、アゼルバイジャンのバクー以外の街に関しては、前もって滞在先を予約しておくのが賢明そうです。

 

ちなみに、こちらのギャンジャホテルは1泊60MNT。

部屋の写真を撮り忘れてしまいましたが、ダブルベッドに冷蔵庫、ソファーなどのインテリアもあって、部屋はとてもきれいで清潔でした!

立地も、すぐ目の前にはまるで神殿のような官公庁や、モスクが立ち並んでいて、市内散策には抜群でおすすめです。

ギャンジャ市内散策

官公庁

ホテルで昼寝をして、夕方からギャンジャの市内散策へ。

すぐホテルの目の前にあるのが、こちらの官公庁。

写真は夜、陽が落ちてから撮ったものですが、ライトアップされた神殿のような建物がとてもきれいです!

夜になると、建物の前の広場には人がどこからともなく集まり、子どもが遊びまわったり、スケボーをしていたり、とても平和な光景が目の前にありました。

Shah Abbas Mosque

官公庁のすぐ南側に隣接しているのが、こちらのShah Abbas Mosque。

モスクのほかに、トルコ風呂跡の建物など、いくつかの建物が立ち並んでいます。

ドーム型の屋根と、アーチ型に型どられた窓やエントランスがとても美しいです。

こちらがトルコ風呂跡の建物。

この一帯は、広場のようにスペースも広く取られていて、近くには噴水もあります。

近代的な風景の中に歴史的な建物が共存しているところが、素晴らしいです。

Khan Bagy Park

Shah Abbas Mosqueから、通りを1,2つ挟んだ先にあるのがこちらの公園。

緑の木々に囲まれ、ベンチに座ってのんびり読書をする人の姿もありました。

木々が日光を遮ってくれて、通りを吹き抜ける風がとても心地いいです。

この公園は広く、中にはレストランやちょっとした子どもの遊び場もあって、子どもから大人まで、市民の憩いの場になっています。

大都会の中のオアシスのように、これだけ緑豊かな公園はバクーにも無かった気がします。

Bottle House

公園から歩いて5分ほどの場所ある、名物観光スポットがこちらのBottle House。

その名の通り、建物の壁に数えきれないほどのビンが埋め込まれている、珍スポットです。

屋根裏には写真もはめ込んであります。

それにしても、ビンが建物の壁を支えているように見えますが、何でバランスや耐久が保たれているのか、考えてみると不思議です。

間近で観ると、何とも不思議な感じです。

これも地震の影響を受けないアゼルバイジャンならではの見どころかもしれないですね。

独特な色合いの住宅

ギャンジャの街を歩いていると、濃い朱色のレンガ造りの家が立ち並んでいる通りを良く見かけます。

この濃い朱色「ギャンジャ・レッド」のレンガが、ギャンジャの1つの特徴でもあるそうです。

オシャレカフェでの夕食

歩き回ってお腹もすいてきたところで、夕食を食べるレストランを探していると、なんともオシャレな外観の建物を発見!

どんなお店だろうと思って、窓から中を覗いてみるも、陽がが傾いて、窓に日光が反射していたので、外からだとなかなか中の様子が分からず。思わず窓から中をガン見してしまいました。

中を確認して、建物全体の写真を撮っていると、お店の入口から1人の男性が手招きをしてくれました。

たぶん興味深々で窓からのぞき込んでいた姿を見られていたのかな、恥ずかしい。。

 

中に入ってみると、予想通り何ともオシャレなレストラン!

冷房も効いていて、Wifiも繋ぐことができます。

注文したのが、こちらのチキンと野菜を挟んだ揚げ物。「Leonard」というレオナルド・ディカプリオみたいなかっこいい名前だったので注文してみました(笑)

これがまた美味しい!

ちゃんと味付けもされていて、このまま食べるのですが、どこか懐かしい、日本でも味わったことのある味でした。

ほんの少し、カレー風味?があるメンチカツ、といった味です。

もちろん一緒に盛られているトマトと野菜も、これまで通り新鮮でおいしい!

これで7.9MNT。相変わらず安いです。

 

お腹も満足したところで、今日のギャンジャ散策は終了!

明日はギャンジャ近郊まで足をのばします!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)