【ベトナム】ホイアン&ハノイ 女子ひとり旅!~ちょっと遅めの夏休み~(ハノイ編)

いろいろな旅人さんのひとり旅をご紹介する、「みんなのひとり旅」。

今回は、mamiさんのベトナム女性ひとり旅の様子をご紹介します!

第2回目は、ハノイを巡るひとり旅。ハプニングあり、グルメありのmamiさんのハノイひとり旅をお楽しみください!

古都ホアルー、タムコックやカフェなど見どころ盛りだくさんです!

 

旅の概要&前回までの旅

mamiさんのベトナムひとり旅。

前回お届けした、ホイアンひとり旅の様子もぜひ合わせてご覧ください!

【ベトナム】ホイアン&ハノイ 女子ひとり旅!~ちょっと遅めの夏休み~(ホイアン編)

3日目:ハノイ

バイバイ、ホイアン!次の目的地、ハノイへ!

名残惜しいけど、ホイアンに別れを告げ、次の目的地ハノイへ向かいます。

バイバイ、ホイアン! 素敵な思い出をありがとう!!

 

ホイアンから車に乗って日本人ダナンの空港へ。

ベトナム航空の国内線なのでCAさんは日本語通じず。お客さんも私以外にはいなかった気がする…多分。

 

20分程ディレイしたけど、1時間でハノイに着きました。
はやい!

今回の旅は空港↔ホテルの送迎を付けたので、ガイドさんと合流し、車で市内へ。車内でハノイでの注意点を聴きながら、40分くらいで市内に入りました。

まず驚いたのが、ハノイのビルの多さ。今回初めてベトナムに来て、最初に着いたホイアンがかなりの田舎だったので、その違いにビックリ‼

ハノイって都会!笑

 

ホテルはハノイ大教会から歩いて15分位の街のド真ん中。

観光はしやすい場所だけど、大通りに面した部屋だったので深夜までバイクの音がうるさかったのと、カーテンを閉めても部屋が明るくて寝付くのに時間が掛かりました。

ホテルに着いたのは夕方4時過ぎ。すぐに準備をしてハノイの町へ繰り出しました!

バイクの多さにびっくり!どうやって渡るの?

Pixta

ホテルに着いたのが午後3時。夜になってから女1人で初めての街を歩くのは不安なので、日が暮れる前に早足で出発!

ホテルから出た瞬間、あまりのバイクの多さに怯む。
そして地面のタイルがボッコボコ・・・

今思うとホイアンの街は歩きやすかったなぁ、、、

とりあえずホテルから真っ直ぐ歩いた所にあるホアンキエム湖を目指そう。

 

はい来ました。交差点。
何が怖いってまず信号の見方が分からない。
前方にYを逆さまにしたみたいなマークが赤く点いてるから、それかなーと思ってとりあえず青になるのを待つ。
横切るバイクの波が止まり、歩行者信号っぽい所の光りが消えた。

よし、渡るぞ!と思ったら、

、、、、、消えたまま光らない。
えっ?青くならないの???
戸惑っている間に車とバイクがどんどん交差点になだれ込んでくる。

 

渡るタイミングが全く掴めず立ちすくむ私。
心なしか止まっているバイクからの「お前いつ渡んの?」みたいな視線が痛い(^^;

結局そのまま渡れず、また赤信号が点く。

 

え、、、私これ1人じゃ無理だ、、、
渡るタイミングが全く分からない。
テレビで「バイクの間を縫って進む」場面を見たことがあるし、ホテルに向かう車内からも堂々と道路を横切る地元の人たちもたくさん見たけど、この交通量の中、縫えないよ、私。

 

途方に暮れていると、気づいたらとなりに地元のおじちゃんが立っている。
救世ーー主!!! そうか この人に付いていけばいいんだ!

さりげなくおじさんの後ろに回る。

そしてまた赤信号が消えた。
おじさん間髪いれずに歩き出す。やっぱりこのタイミングか!

おじさんの斜め後ろにピッタリ付いて歩く。完全に不審者。笑
私達が歩き出したのと同じタイミングでバイクが四方八方から飛び込んでくる。
!?!?!?
いやいや、今私たち歩いてんじゃん!!

めちゃくちゃ怖い。
でもここで立ち止まったら私このまま交差点に閉じ込められる。

 

ビビりまくりながらも おじさんを信じてなんとか渡り切った。

 

こ、怖かった~😭
たった2~30メートル進むのに何分掛かったんだ、、、

心の中でおじさんにお礼を言い、その後も地元の人にくっつきながら、
なんとか3つの横断歩道を渡り、ホアンキエム湖に到着しました。

なんと明日はベトナムの独立記念日! 歩行者天国に救われる!

なんとかホアンキエム湖に着き、一旦心を落ち着ける。

気を取り直して、そのままホアンキエム湖の近くにある「ハノイ大教会」へ。

また交差点渡るのかぁ、、、と不安になっていると、道路の真ん中にフェンスが並べられていて、歩行者しかいないことに気づきました。

あっ!そういえばさっきガイドさんが、
「明日はベトナムの独立記念日です。お店は閉まります。この辺りの道路は車とバイクは通れません。」
って言ってたな。

そんな大事なことをハノイに着いてから知る私。もっとちゃんと調べて?笑

店先にはどこも大きなベトナム国旗が掛かっていました。

 

だんだん旧市街っぽくなってきた街並みワクワクしつつ、地図を確認しながら大教会の方へ進みます。

すると急に視界が開け、ハッと見上げると、ハノイ大教会が目に飛び込んできました!

古い街中に突然姿を表す荘厳な建物。夕日に照らされてすっごくキレイ!!

その大きさ、美しさに圧倒され、しばらく教会を眺めていました。

本当に綺麗だったなー、、、

入り組んだ旧市街でも通りの名前を確認すれば安心!

どこを見ても同じような土産物屋や飲食店が並び、細い道が入り組んでいる旧市街。

少しずつ暗くなってきたのもあって、グーグルマップで現在地を確認しても、自分がどこを歩いているのか、どっちを向いて進めばいいのか分からなくなってきました。

地図を何度も確認していると、通りに全て名前が書いてあることに気づきました。そして、どの通りの角にも標識があり、通りの名前が書かれています。

標識と地図を照らし合わせれば、自分が今どこに立っているのかすぐに分かりました。

もちろん旧市街だけではなく、市内の通りはどこも名前が付いているようでした。

もし方向音痴でも、焦らず通りの名前を確認すれば、1人でも迷わず観光できそうです。

旧市街のカフェでほっと一息

旧市街の中にあるカフェ「安南パーラー」。

日本人がオーナーなのかな?日本語の看板が掛かっていて、メニューもばっちり日本語。

人とバイクと車に揉まれ、まさに東南アジアの洗礼を受けヘトヘトだったところに突然現れた日本語は本当に救い。笑

黒もち米ヨーグルト と ハイビスカスジュースをオーダー。

お米とヨーグルトって驚きの組み合わせだけど、ほんのり甘く炊かれたもち米と、さっぱり甘いヨーグルトが不思議と相性よく合わさっていました。

ここで売られているラスクは日本へのお土産におすすめ!
ベトナム名物のコーヒーや蓮の実、マンゴーやパクチー味(!)など、たくさんの種類がありました。

4日目(最終日):ホアルーとタムコック

古都ホアルーと陸のハロン湾、タムコックへ!

ベトナム最終日、首都がハノイに移される前の都「ホアルー」と、陸のハロン湾と呼ばれる「タムコック」の川下りが出来るツアーに参加しました。

ハノイから高速に乗って車で2時間の道のり。田園風景が広がる道を進むと、だんだん遠くに岩山が見えてきます。
近づくにつれて高い岩山に囲まれます。間近で見るとなかなかの迫力でした。

先に訪れたのは古都ホアルー。

車を降りると売り子のおばちゃんが傘を被せてきます。
1つ2ドル。私は買わなかったけど、結構買ってる観光客の人多かったです。

かなり日差しが強かったので、そんなに高くないし帽子ない人は買ってもいいかも。帰りの飛行機で後悔しそうだけど。笑

 

ホアルーは9世紀から10世紀まで都がおかれていた所。
橋を渡り門を抜けると、初代と2代目の王様が祀られている社がたっていました。
古い建物で歴史は感じますが、すごく規模が小さかったのであまり期待しない方がいいかも、、、

 

そしてホアルーからまた車で15分ほど移動し、レストランで昼食。
ヤギ肉や揚げ春巻きなどを食べました。

タムコック川下り!

続いて今回の一番のお目当て、タムコック川下りへ!

レストランから歩いてすぐの所に船着き場がありました。

ガイドさんから川下りの所要時間が2時間と聞いてビックリ!長っっ!
川下りといっても、1時間進んだらUターンして、出発地点までまた1時間掛けて戻ってくるコースです。

 

ライフジャケットを着て小さな手漕ぎボートに乗り込んで出発!

時間はお昼1時過ぎ。太陽が真上にあり、直射日光が照りつけてきます。
めちゃくちゃ暑い、、、

周りを見るとみんな日傘を持っていて、出発地点で借りられるみたいです。
なぜか私たちはなにも言われずにそのまま出発してしまった。なんで、、、
行きは全く日陰になっている所がなかったので、時間も長いし絶対に借りた方がいいです。

 

周りの岩山を見上げながら、舟はゆっくり進んでいきます。
途中3ヶ所、洞窟をくぐりました。洞窟の中はすごく涼しかったです。

Uターン地点まで着くと、飲み物やお菓子、果物がたくさん乗った舟がいくつもあり、おばちゃんたちが買って買ってと近付いてきます。

お客さんだけじゃなくて、舟を漕いでいるおばちゃんも疲れてるから買ってあげろと言ってきます。
まあ確かに2時間もずっと舟を漕ぎ続けていたらかなり疲れるでしょうし、皆買ってあげてました。
うまい商売だな。笑

帰りは少し日陰が出来ていて、風も出てきたので行きよりは快適でした。
ただ2時間も固い所に座っていて、舟が小さいからあまり大きくも動けずで、お尻がちょっと痛かったです、、
やっぱり2時間は長かった。

船着き場に着くと、おばちゃんにチップを要求されました。
「50000!」って言われたけど、舟に乗る前にガイドさんからチップは20,000VNDでいいと言われていたので、20,000VND渡して降りました。

 

私個人的には、タムコックはすごく好きな景色で、この景色の中を小舟で川下りしたかったので大満足でした!

ただ遺跡はすごく規模が小さかったし、川下りもずっと同じような景色が2時間続くので、参加するなら口コミをいくつか見て、しっかり考えてからの方がいいかもしれません。

ベトナム最後の思い出に。怒濤のカフェ巡り!

タムコックからまた高速に乗り2時間掛けてハノイに帰ってきました。

今日の深夜の便で帰国するので、ピックアップの9時までにホテルに帰って来ないといけません。

急いで荷物をまとめて、まずはオペラハウスの方へ。

旅行会社からベトナムプリンのクーポンを貰ったので、せっかくだからプリンを食べに行こう!と、早歩きでカフェ「Paris Deli」へ。
オペラハウスの目の前にあるちょっと高級そうなカフェ。

席についてすぐに直径10cm位(!)の大きなプリンが出てきました。
そしてベトナムに来てからまだ一度も飲んでいなかったベトナムコーヒーをここで注文!
ミルク入りで39,000VND。

少し酸味が強めのコーヒーで、下には練乳が入っています。
練乳を溶かしすぎるとかなり甘くなってしまうので、少しだけ混ぜながらプリンと一緒に頂きました。

 

食べ終わったらすぐにお店を出て今度は旧市街の方へ!

旧市街の細い路地にある、一軒家を改装したノスタルジックな雰囲気のカフェ「The Hanoi Social Club」へ。

さっき食べたプリンでお腹がいっぱいだったので、ハイビスカスティー(40,000VND)だけ注文。
カフェですが、サラダやハンバーガーなど、フードメニューも充実してました。

店内は欧米からのお客さんばかり。
1人で来てる人も何人かいます。
内装やインテリアの雰囲気も相まって、ヨーロッパの路地裏に迷い込んでしまったような不思議な気分でした。

ちょっと分かりづらい所にあるけど、時間があれば是非探して行ってみてほしいカフェです!

 

時間は夜7時半。最後にもう一軒!

ハノイ大教会のすぐ前にある「Cafe Runam カフェ ルーナム」へ。

ここも雰囲気がすごくよかった!

ベトナムコーヒーと、イタリアスタイルのコーヒーもありました。
アイスラテ(95,000VND)を注文。ハノイのカフェの中では少し高めな方かな。
飲み物を頼むと一緒にクッキーも付いてきました。(写真がそうです。)

…そろそろピックアップの時間が迫ってきています。
時計を気にしつつ、あーベトナム楽しかったな、、、帰りたくないな、、、また来たいな、、、と今回の旅に想いを馳せていました。

 

実は「コーヒーの生産量 世界2位」のコーヒー大国ベトナム。
至る所にカフェがたくさんありました。
お値段もリーズナブルだし、カフェなら1人でも入りやすいし、是非お気に入りのカフェをみつけてみてください!

バイバイ、ベトナム!また来るね!!

ホテルに戻り、空港まで1時間。
チェックインを済ませ、ベトナムとはお別れです。

旅の終わりはいつも少し寂しいけど、今回は不思議とそれをあまり感じませんでした。

多分、自分が行きたかった所に行き、見たかった景色を見て、食べたかったものを食べ、やりたかった事をすべてやり、心が幸せな気持ちで満たされていたからだと思います。

 

初めての東南アジア。しかも女1人。

行く前は不安も大きかったし、自由に動けたのは実質3日間だけとすごく短かったけど、やりたかった事を全部詰め込んで、ベトナムの素敵なところをたくさん見ることができ、この国のことが大好きになりました!!

 

素敵な思い出をありがとう。一生忘れられない夏休みになりました。

バイバイ、ベトナム! また来るね!!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)