【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(特別編②:シェムリアップ完全ガイド)

カンボジア、アンコール遺跡を巡る5日間のひとり旅。

最終回の今回は、シェムリアップ市内の見どころをまとめてご紹介します!

観光客に人気のマーケット情報から、ショッピングモール、スーパー、本屋、カフェに至るまでいろいろなお店の情報をお伝えします。

これだけ知っておけば、シェムリアップでの旅で困ることはないはず!

これまでの旅

これまでの旅の様子をお読みになっていない方は、ぜひこちらもご覧ください!

【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(1日目:入国~シェムリアップ編)
【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(特別編:アンコール遺跡観光の基本情報)
【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(2日目:アンコール遺跡(スモールルート①))
【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(2日目:アンコール遺跡(スモールルート②))
【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(3日目:アンコール遺跡(ビッグルート))
【丸わかり!海外ひとり旅】カンボジア5日間の旅!(4日目:コーケー遺跡とプリヤ・ヴィヘア)

 

シェムリアップ市内

※以下、地図に記載した星マークの番号はそれぞれのカテゴリの番号を表しています。

旅に役立つスポット

①ビジター・インフォメーションセンター

シェムリアップからのツアーや見どころの情報など分からないことはこちらのビジターインフォメーションセンターで確認しましょう。

Tourist Information Center
Sivatha Rd, Krong Siem Reap
+855 63 969 600

お店が並んだ通りにあるため、少し分かりにくいかもしれませんが、川沿いの道とメインの道が合流するロータリー付近にあります。この近くには比較的ホステルやゲストハウスも多いと思いますのでアクセスはそこまで悪くないと思います。

営業時間は、開始時間は分かりませんが終業時間は午後6時です。写真でも分かる通り小さなスペースですが、スタッフは親切で英語も通じやすいのでシェムリアップに到着したらまずは訪れてみましょう。

②為替・両替・ATM

シェムリアップは一大観光都市のため、両替に困ることはなく、メインストリートに限らず至る所に両替所やATMを見つけることができます。

写真のように両替所が2つ並んでいる場所もありますが、よく見ていると明らかに片方の両替所には人が次から次へとやって来る一方、もう一つはがらんとしています。

レートを表示しているところもありますが、やはり人が良く来る両替所を選んだ方が無難だと思います。

ATMも銀行がある場所にはもちろん、比較的見つけやすいと思いますので現金が無くなってきたらキャッシングすることも可能です。

③ツアー会社、航空会社

メインストリートには各種長距離バスやツアー会社、航空会社のオフィスも数多く立ち並んでいます。

バスやプノンペンはもちろん、ベトナムやタイへの長距離バスも出ているのでここからいろいろな国へ旅をすることも可能です。

航空会社のオフィスを1つご紹介しておきます。

Bangkok Airways
Sivatha Road、Krong Siem Reap
+855 63 965 422

こちらのオフィスではシェムリアップ空港発のフライトチケットはもちろん、アンコール国立博物館の入場チケットも事前に購入することが可能です。

スタッフはもちろん英語を話せますし、対応も丁寧なので安心していろいろ相談してみましょう!

④レンタルバイク

アンコール遺跡を巡った記事でもご紹介しましたが、おススメは下記のお店。

Aing Kimsan Bicycle Shop & Rental
Preah Sangreach Tep Vong St, Krong Siem Reap
+855 92 999 199
7:00 – 21:00

こちらのお店は朝7時と早朝からお店が開くので、朝から自転車で活動したい方にはおススメです。

ちなみに料金は1日8ドル。安いか高いかは分かりませんが、マウンテンバイクを借りて特にトラブルも無かったため、安心して利用できるお店だと思います。

もう1つ良いところは、デポジットとしてパスポートの原本ではなくコピーでも受け付けてくれるところ。万が一に備えてパスポートは肌身離さず持っておきたいので、コピーを受け付けてくれるのは助かります。

ちなみに、このレンタルショップがある通りの1つ南通り、交差点を少し東に行った場所には電動自転車を借りることができるGeen e-bikeというお店もあるので、興味のある方はこちらも立ち寄ってみてください。

カフェ

シェムリアップにはたくさんのカフェがあるので、カフェ巡りをしてみるのも楽しいでしょう。

筆者もいくつかカフェを巡ってみましたが、味はちょっと薄め。ブラックコーヒーはちょっと苦手・・・という方には飲みやすいかもしれません。

①人気カフェ

シェムリアップで人気のカフェチェーンの1つが、こちらのNoir Coffee。店内はモダン&スタイリッシュな雰囲気でとてもオシャレ!

店内でゆっくりくつろぐのも良し、テイクアウトで街を散策しながら飲むのも良し、その時の雰囲気で決めてみましょう。

コーヒーを注文するときには、合わせて入れる砂糖の分量も選びます。分量は0%、25%、50%という感じでパーセンテージで選ぶ方式になっているのですが、これは何を表しているんでしょう?

甘いのが好きな方はより大きいパーセントをスタッフに伝えればOKです。

NOIR COFFEE La Paix
Naga Guesthouse, Preah Sangreach Tep Vong St, Krong Siem Reap, 17252
+855 95 545 151
6:00 – 21:00

ちなみにコーヒーの相場は0.75ドル~高くても2ドル程度。お店の価格帯や分量によりますが、もちろん日本よりは安いです。

②軽食・パン・スイーツ店のカフェ

街を歩いているとチェーン店の他にもカジュアルレストランや小さいカフェもたくさんあります。

年中暑いせいか、入口が無くて開けっ広げになっているお店が多いので、気軽にふらっとお店に入ってコーヒーを頼むのも楽しいです。

③スタンドカフェ

ストリート沿いか、もしくは座席スペースの無いスタンドカフェも街を散策しているとよく見かけます。

アジアの街ではこのような道に屋台がずらっと並んだ風景は一般的ですが、日本にはなかなかこのような場所はありません。

個人的にはストリート店や屋台は開放感もあるので大好きです。

シェムリアップでもぜひスタンドカフェで街並みを眺めながらのんびり一服してみてはいかがでしょうか。

レストラン・マーケット・繁華街

昼間はアンコール遺跡を巡り、夜は繁華街でショッピングや飲み歩きという旅がポピュラーなのではないでしょうか。

シェムリアップの繁華街は、メインストリートを中心に東西に点在していて、それぞれに雰囲気が少しずつ違うのでいろいろな楽しみ方ができるはずです!

①Pub Street

アジアの大都市の風景として、朝から昼間にかけては閑散としているのに夜になると活気を帯びるエリアが必ずあります。

ここシェムリアップも同じで、こちらのPub Streetは夜になると歩行者天国になり、多くの観光客で賑わっています。

道の両側に立ち並ぶレストランはどちらかというと観光者や欧米系のお店が多い印象を受けました。

②ナイトマーケット

シェムリアップにはお土産を買うのにぴったりなマーケットがいくつか点在しています。まず初めにご紹介するのが、こちらのナイトマーケット。

場所はメイン通りをPub Streetとは逆の方向に進んだ先にあります。

ナイトマーケット付近もそれなりに装飾がしてありますが、なんだか中途半端で微妙ですね。。

こちらの通りはナイトマーケットからメインストリートへと抜ける道ですが、とにかく男性への女性の客引きが多いです。

しかもかなり強引!

「オニイサン、マッサージアルヨ!!」

と言いながら2,3人で道をふさいで強引に手を引こうとしますので、興味のない方は立ち止まらずに強引に振り切りましょう。

旅のヒント⑮:上手な買い物の方法

ナイトマーケットに限らず、お土産用に売っている雑貨や食材、アクセサリはたいていどの店にも置いている物がほとんど。
商品には値札もされていないので、最初は高い値段でふっかけてきます。いかにディスカウントさせるかが腕の見せ所ですが、ディスカウントさせる方法は大きく2つ。

・なるべく複数の商品を購入
・まずは他の店に目移りさせる仕草で様子見

やっぱり一度に複数の商品をまとめて買うと、それだけディスカウントもしやすくなります。それに加えて、ポイントは他の店で買うと見せかけていったん店を離れる素振りを見せること。

「この客はまとめて商品を購入しそうなので高い価格で売れそう!」

と店の人の期待値を上げつつ、他の店に行く素振りをすると店員さんは必死に呼び止めようとしてさらに値引きしてくれます。

そこで最大限の値引きをしてもらいつつ、さらに低い価格で交渉してみましょう。

さすがに店員が「無理!」という仕草をすれば、おそらく利益もほとんど無いとみてよいので、そこから少し値段を戻してあげるとその値段でOKしてくれると思います!

 

③オールド・マーケット

ナイトマーケットとはメイン通りを挟んで反対側、川沿いのエリアにあるのがこちらのオールド・マーケットです。ナイトマーケットに比べると食品や骨とう品、アクセサリなど売っている商品がやや特産品ぽいものが多くなり、掘り出し物が見つかるかもしれません。

並んでいるお店ごとに種類が違うので、歩き回ってみて自分のお気に入りのお店をぜひ探してみてください。

午前中や昼間はオールド・マーケットの北側にある市場を訪れてみるのも楽しいと思います。

日本では見たことのない食材や果物がたくさんあるし、なにより活気がすごいです!地元に溶け込んでそこに住む人たちの日常を覗いている気分にもなれますよ。

オールド・マーケットとPub Streetを結ぶエリアは小さく区切られていてここにもレストランがたくさんあります。こちらは傘が飾り付けてあって、夜になると雰囲気もグッド!隣の通りには中国のぼんぼり提灯みたいなものが飾られています。

④ストリートフード

夜になると川沿いに屋台がずらりと並びますので、手軽に食事を済ませたい人にはこちらのストリートフードがぴったり。

味はお店で食べる方が美味しいですね、やっぱり。。しかもボリュームも思っていたほどでは無かったのも残念。さらに付け合わせのご飯(白米)も冷めてて少し固め。これだったらちょっと値段が安くても微妙かな。。。

その他

最後に、旅先のローカルな日常を垣間見ることができるスーパーや本屋さん、ショッピングモールの情報もご紹介!

①スーパーマーケット

海外を旅する時に、ぜひ一度は立ち寄って欲しい場所があります。それがスーパーマーケットです。

旅をしているとどうしても観光地であったり、観光客が訪れる場所がメインとなってしまい、必ずしもその国や街のローカルな雰囲気や日常を味わうのが難しいです。

そこで簡単にローカル気分を味わえるのがスーパーマーケット!なぜなら地元の人たちが日常に訪れる場所だし、生活必需品や食べ物が売られているからです。

ローカルプライスだし、実はお土産を買うのにもぴったりな場所だったりします。

シェムリアップのスーパーで見つけたおススメのお土産がこちらのMix Chipsです!値段は1.3ドルなので、カンボジアではそれなりの値段になるのかな?

日本に帰って食べてみたらこれが美味しい!素材の味がしっかり活きているし、いろんな味が楽しめるのも良いです。しかもパッケージにアンコールワットの絵が描いてあるので、どこのお土産かもすぐに分かってもらえます!

②本屋

オールド・マーケットの近くには本屋もあるので、アンコール・ワットのことやカンボジアのことなど知りたい場合は本屋に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
カンボジア語以外だとやはり英語の本が多くなってしまいますが、ほんの少し日本語の本も置いてあったと思います。

こちらの本屋ではクレジットカードも利用できます。

Siem Reap Book Center
61 2 Thnou St, Krong Siem Reap
+855 63 965 132

③ショッピングモール

Royal Residenceがある大きな公園に沿って東西に走っている道路沿いにはいくつかのショッピングモールが並んでいます。

そのうちの1つがこちらのHeritage Walkというショッピングモールです。写真の通り中はとてもきれい!

ココだけ見るとカンボジアであることを忘れそうです。

このショッピングモールの1階にはスターバックスもあるので、異国の地で馴染みのあるお店にて少しくつろぎたい場合は訪れてみてはいかがでしょう。

日本のスタバと同じくとてもフレンドリーなスタッフが出迎えてくれるので、ほっとします。

筆者が訪れた時も、交換留学でカンボジアに来ていた日本人と仲良くなったという少しオネエなスタッフが気さくに話しかけてくれました!

Starbucks, The Heritage Walk
Ground Floor, The Heritage Walk, #158 National Road 6, Mondul 2 Village, Svay Dongkum Commune, Siem Reap
6:30 – 21:00

 

いかがでしたでしょうか。

1日もあればだいたい散策できてしまうほど、シェムリアップの中心部はこぢんまりとしています。ですが、川沿いの散歩道があり、繁華街があり、1つ通りを変えるとゲストハウスが立ち並ぶ通りがあったりと、いろいろ観て周ると楽しい街でもあります。

ぜひ1日は散策に時間をあてて、皆さんもお気に入りの場所やお店を探してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)