【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(3日目)

特急列車とレンタカーを使って、北海道を縦断するまささんのひとり旅。

3日目は、いよいよ最北端の宗谷岬へ到着!

途中、サロベツ原野での北海道らしい壮大な景観も合わせて、宗谷岬の情景をお楽しみください。

 

これまでの旅

まささんのこれまでの旅はこちら!ぜひご覧ください!

【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(1日目)
【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(2日目)

稚内~宗谷岬

レンタカーで、まずはノシャップ岬へ

宗谷半島の西側の先端、ノシャップ岬が本日最初の訪問先!

こちらは日本最北端ではなく、宗谷半島の東側の先端が日本最北端の宗谷岬なのですが、それは後ほど。

まずは、宗谷半島の西側に広がる「サロベツ原野」に向かいます。

無事カエル!

なんだかスゴい賑やかな事になっています☆

こういうスポットがあると分かっていても、バス停の影にやや隠れていて、注意しないと素通りしてしまいそう。

無事カエル・・・そうでなくては、なりません。

一応、縁起担ぎという事で、引続きサロベツ原野に向かいます。

よく見ると、ドラえもんがいました☆

その左隣の黄色いトラ?は、子どもに人気のあのキャラクターに似ていますね(笑)

サロベツ原野

何もない!!

ひたすら原野!

でも、この何もなさがイイッ!

普段、人も車も建物も、ごちゃごちゃしている所で日常を送っている人にとっては、素晴らしい眺めです☆

場所によっては花も咲いてます。

まるで、絵本やファンタジーの世界にいるみたいです!

北半球のド真ん中!北緯45度通過点

昨日、列車で 知らない間に通過してしまっていますが、改めて、絶景広がるオロロンライン上にて。

一応、道路脇に乗用車2~3台が安全に停まれる駐車スペースがあります。

交通量もとても少ないです。

どこまでも平野が広がる北海道。自動車を降りて、しばしこの風景の中に溶け込んでみるのも良いですね!

展望台から眺めるサロベツ原野

幌延ビジターセンターから道路を隔てた反対側に展望台があって、そこからの眺めが素晴らしすぎる!

360度どこを向いても絶景が広がっています☆正面に利尻富士も見えます。

この後は、いよいよ日本最北端の地である「宗谷岬」へと向かいます☆

こちらがその展望台です。

大平原にポツンとある感じが、何とも趣があります。

青い空に青い海、そして白い道

宗谷丘陵フットパスのコースの一部がこのような 白い道になっています。

道は丘の上へと続いていて、両脇の草原からの眺めが また絶景☆

目指す「宗谷岬」まであと少し!

ちなみに、5月下旬で出発直前、真夏日に近かった関東とは対照的に、こちらは夜は気温が一桁にまで下がり、まだまだ暖房が活躍してます。

日本最北端の地「宗谷岬」に行って来ました

稚内の市街地から近そうで遠い。

でも、意外に時間はかからない。

ついに、日本のてっぺんに到達☆

最北端の地だけあって、周辺には「日本で一番北の食べ処」「最北の宿」「日本最北端の給油所」など、最北端をかがけた店舗が目立ちます。

旅において、一番端まで来るというのは到達感がありますね。

ちなみに、「日本最北端の給油所」は出光でした!

北海道だけに スープカリーを!

約10年前にできた稚内の新名所「稚内副港市場」。

その中の屋台村の一画にある、「プチGARAKU」というお店でスープカリー(やわらかチキンレッグとやさい)を頂きました☆

主役のチキンは骨付きですが、スプーンでも簡単にほぐれる程の柔らかさ。

また、野菜も含め 軽く炙ってある為、ほのかに香ばしい。

屋台村の店舗というだけあって、カウンター席が8席のみでこじんまりとしていますが、店内はお洒落で、1人でも入りやすいです。

食事の後は、市場内にある日帰り温泉「港の湯」で温泉に浸かり、今宵も稚内に宿泊です。

「屋台村」はこんな感じです。

昭和の良き日本!という雰囲気ですね!

 

明日は早くも最終日。。名残惜しいですが、最後まで北海道を堪能します!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)