【丸わかり!海外ひとり旅】アゼルバイジャン12日間バックパックの旅!(バクー編②)

アゼルバイジャン12日間バックパックの旅、今回はバクーの最大の見どころ、旧市街地をご案内します!

近代的な街並みのバクー市内とは全くの別世界!

ヨーロッパ的で歴史を感じる、雰囲気満載の旧市街地は世界遺産にも指定されています。

乙女の塔などの見どころもご紹介!

 

バクー市内から旧市街地へ

世界一豪華なケンタッキーは残念ながら移転!

May 28駅の周りにも、立派な建物がたくさん!

その中の1つで、特に観光客の間で人気だったのが、上記の写真の建物なんです。

この立派な建物、実はケンタッキーが以前は入っており、「世界一豪華なケンタッキーのお店」として話題に上がっていました。

が、2017年7月現在、残念ながらケンタッキーは隣の建物に移転してしまい、この建物のテナントは空っぽの様子。。

せっかく立派な建物なんですが、やはり中心駅の近くということで、賃料も高いのでしょうか。。

旅のヒント⑤:メトロの利用方法

メトロを利用するには、ICカードの乗車券が必要です。

1回の乗車につき0.2MNT。かなり安いですね!

空港からバスでバクーに移動した方は、その時に購入したICカードがメトロでも利用できます。

こちらがそのICカードです。

カードの残金を知りたい方は、発券機にカードを置く場所があるため、その上にかざすと残金が表示されます。

 

メトロの入口では、金属探知機による簡単な荷物検査があります。

バックパックを担いでいると、それも検査の対象です。

係員によって検査の度合いが異なりますが、中身をある程度取り出して見せる場合もあります。

 

荷物検査が終わると、ICカードをかざして構内に入場します。

ここから、構内は原則的に撮影禁止となるので、注意してください。

後は日本と同じように電車に乗るだけ!

日本と違うのは、降車駅で再度ICカードをかざす必要が無い、というところです。

旅のヒント⑥:2つのLineが混在するメトロのホーム

バクーのメトロは、大きくRed LineとGreen Lineの2つ、そして中央バスターミナルとつながっているPurple Lineがあります。

このRed LineとGreen Line、実はMay 28駅を含む多くの駅が、同じなんです。

言ってみれば、田畑から品川まで駅がかぶっている山手線と京浜東北線と同じ。

ただ、日本では停車駅は同じでも、プラットホームは山手線と京浜東北線で別々にあるので、分かりやすいのですが、バクーでは同じホームに両方の電車が到着します。

なので、May 28から列車に乗る時は、次来る列車がRed Lineなのか、Green Lineなのか、まず確認しましょう。

地下深ーく潜るメトロの地下鉄

旧市街地は、Red LineのIcheri Sheher駅を降りたすぐ裏手にあります。

ちなみに、Icheri Sheherというのがそのまま「旧市街」という意味です。

May 28駅で、かなり厳しめの手荷物検査を受け(バックパックの中身も結構出すハメに。。)、ようやく駅構内へ入場!

そこからホームまで、かなり長いエスカレーターで地下へと降りていきます。

写真を撮れないのが残念ですが、1分近くエスカレーターに乗ったまま。。

やっぱりアジア人が珍しいのか、すれ違う上りのエスカレーターから、「ニーハオ!」とか「コンニチワ!」とか声をかけられました。

嬉しいやら恥ずかしいやら。。

ようやくホームに辿りつき、まずは左右どちら側の列車に乗るのかを確認。

ホームには次来る電車の行き先が表示される掲示板があるので、それで列車を確認します。

また、列車が来るトンネルの上には電光掲示板があり、次に来る列車までの時間(〇分〇秒単位!)も表示されているので、後どのくらいで列車が到着するのか、すぐ分かります。

列車もほぼ時刻通り。

 

ホームには数人の警備員がいて、常に警備をしているのでとても安心でした。

しかも警備員は、観光客に優しい!

ホームに降りると、すぐに近づいてきて、

「ドコにイクデスカ?」

と声をかけてくれました。(実際はアゼルバイジャン語なので、何を言っているか分からない。)

駅名を話すと、どちらのホームから乗るか教えてくれて、列車が来ると、VIPのようにわざわざ道を開けて車内まで案内してくれました。

掲示板とか見たら分かるから大丈夫だよ!、と言いたいところですが、言葉が分からないのでその親切心に甘えてしまいます。

 

メトロは、駅に到着するごとにアナウンスとともに、音楽が流れるのですが、この音楽が何とも哀愁があるというか、もの哀しげというか。。

イスラム教の国だからか、何となくイスラムっぽいイメージの音楽です。

バクー市内とは別世界!の旧市街地

Icheri Sheher駅を降りて、すぐ裏手に周ると城壁のようなものが!

ここから、旧市街地に入ることができます。

世界遺産にも登録されているバクー旧市街。

一歩入ると、外の騒音も無く(外もそれほど騒がしくありませんが。。)、落ち着いて静かな世界が広がっていました。

石畳の道に、城壁と石畳の建物が並びます。

石造りの城壁や建物は、モノトーンで一見味気ないようにも見えるのですが、それが逆に歴史の重厚感であったり、どっしりとしつつも優雅な雰囲気を演出しています。

何より、日本の街並みとは全く違う景観が目の前に広がっていることも、感動に拍車をかけているようです。

その魅力がさらに引き出されるのが、夜の街並みなのですが、それは後ほど。。

今回の滞在先、Hostel124

今回滞在するのが、こちらのHostel 124。

旧市街地の中にあって、乙女の塔にも比較的近い場所にあります。

スタッフも英語を話せる人が1人はいるので、いろいろと相談もできちゃいます!

ドミトリーは写真のように、仕切りやロッカーがあるし、各ベッドには電源やライトも付いていて快適です。

もちろんエアコン、朝食付き!

これで2泊3日36MNT。1泊だいたい1,300円ぐらいでしょうか。

旧市街地の見どころ

Hostel 124で旧市街地の散策マップを入手して少し涼んだ後、早速散策へと繰り出します。

マップでは、だいたい25か所ほどのポイントを紹介してくれていて、番号順に周るルートも表示してくれています。

旅のヒント⑦:旧市街地の散策時間

旧市街地の広さは、それほど大きくはありませんが、外側を1週歩くだけでも20分~30分ぐらいはかかります。

見どころ20数か所の内のいくつかは、旧市街地の中心部にもありますが、多くが外側に点在しているので、まずは外側をぐるっと一周しながら主要な見どころを観て楽しむのが良いでしょう。

特にメインの見どころである、乙女の塔とシルヴァンシャー宮殿は、どちらも午後6時には閉館します。

乙女の塔は20分もあれば十分、シルヴァンシャー宮殿は少し広いですが、1時間もあればたっぷりと観て周れて、どちらも入場料は10MNTです。

1日あれば十分に周れてしまう旧市街地ですが、夜にはがらっと雰囲気が変わるため、昼間だけでなく夜の散策もおすすめです!
(ただし、夏場はかなりの炎天下になるため、長時間外を歩くのはかなりキツいです。)

乙女の塔

まず最初に訪れたのが、こちらの乙女の塔。

旧市街地では最も古い建造物で、何のために建てられたものなのか、はっきりした結論は出ていません。

最も有力なのは、外敵からの守りのための要塞であるという説ですが、そのほかにも、ゾロアスター教の寺院である、という説や、天文学的な観測のための物見の塔であるという説もあります。

塔の高さは29.5メートル、塔の上半分はギザギザの模様が入っていますが、これは後に建てられたものだそうです。最初に建てられた下半分は、何と紀元前7-6世紀ごろのものだとか!

そのほか、「乙女の塔」という名前の由来となった様々な伝説も残されているのですが、そちらについては、別途ご紹介します!

 

入場料は10MNTと少しお高いですが、塔の中はそれほど観るものはありません。(一応博物館になっています。)

塔の屋上まで上がることができ、そこからバクーの街を一望できます。

閉園時間は18時なので、それまでに来ておきましょう。

乙女の塔の周りには、このような遺跡跡が点在しています。

写真は、当時この場所に建てられていた教会跡です。

Carvanserai

旧市街地には、いくつかの”Carvanserai”があります。

“Carvanserai”とは、ペルシア語で隊商たちの宿泊所のこと。

現在はレストランとして使われていますが、ムルタン(パキスタン)の隊商宿であったり、ブハラ(ウズベキスタン)のそれであったりと、実は異なる隊商宿なので、見比べてみると面白いかもしれません。

もともとこの旧市街地は、遠方から商売のために訪れる隊商たちの交流の街として、長く栄えていたようです。

外から様々な文化、宗教、人が集まってくるので、Carvanseraiであったり、モスク、教会、公衆浴場など幅広い建造物が残されていて、それが世界遺産となる価値につながっています。

 

旧市街地内の通りは、落ち着いた雰囲気でとても静かです。

やっぱり石造りのモノトーンの建物が、美しい!

奥に見える乙女の塔とも馴染んでいる感じがします。

ダブルゲート(シェマハ門)

旧市街地の北東側にあるゲートが、こちらのダブルゲート。

今もそのまま、車両の出入り口として使われています。

遠い昔、多くの隊商がこの門を通ってこの町を訪れ、交流、商売を行って賑わっていた姿が目に浮かびます。

Shutterstock

このゲートを外側から眺めると、門の上に動物が描かれているのですが、上記の写真でお判りいただけるでしょうか。

何やら3体描かれていますが、両端にライオン、真ん中に牛が描かれているのです。

両端のライオンは、まさにこの旧市街地を取り囲む城壁を表し、真ん中の牛は城壁に守られた街そのものを表しています。

つまり、ライオンが守護者として描かれていて、2匹描かれているのには”太陽”と”月”を示している、と言われています。

太陽と月、つまり24時間常に守っている、ということですね。

 

ちなみに、このゲートを出て通りを一つ進むと、賑やかな公園通りとショッピングストリートがあります。

スタバ、ピザハット、ハードロックカフェなど、まるでアメリカにいるような雰囲気で、土曜日の夜には野外イベントも行われており、かなり賑やかです。

 

 

次回、引き続き旧市街地の見どころをご紹介します!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)