【国内編】一人旅(ひとり旅)にもおススメ!2019年の人気旅行先ランキングTOP5

「国内で人気な旅行先をランキング形式で知りたい!」と、思っている方も多いのではないでしょうか。旅行に行く際に、どこを目的地とするかは1つの楽しみであり、悩みどころでもありますよね。

そこで今回は、2019年の国内人気旅行先をランキング形式で、魅力とともにご紹介していきたいと思います。王道の目的地が並びますが、それだけ魅力もたくさんある証でもあります。
もちろん一人旅(ひとり旅)にもおススメな人気ポイントも詳しくご紹介!

国内旅行ランキング第1位 沖縄本島

やはり、第一位は沖縄本島です。根強い人気ですね。海のアクティビティを始め、グルメや温暖な気候など、旅行先にはもってこいのリゾート観光地です。人々を引き寄せる沖縄の魅力は、主に以下の3つでしょう。

①海

万座毛

沖縄の醍醐味は、何と言っても日本で沖縄にしかないエメラルドグリーンの海でしょう。
日本国内に美しい海はたくさんありますが、沖縄の海は別格。ここでしか見れないキラキラ輝くエメラルドグリーンの海を一目見るだけでも、沖縄に行く価値があります。
シュノーケリングやパラセーリングなど、海のアクティビティの多さは国内屈指で、沖縄の綺麗な海を思う存分に堪能することができます。

アクティビティ好きな人も、のんびり過ごしたい人も、それぞれに違った楽しみ方ができる沖縄の海は誰もが魅了されること間違いなし!

②グルメ

沖縄と言えば、ソーキそば

沖縄料理も、沖縄への旅行の醍醐味と言えます。日本各地に沖縄料理店があるように、沖縄料理は多くの日本人に愛されています。「沖縄そば」や「ゴーヤチャンプルー」をはじめとした、その他様々なご当地グルメを楽しむことができます。

沖縄本島で特におすすめしたい沖縄料理店は、「ゆうなんぎい」です。
食べログでもランキング上位にランクインしている今人気の沖縄料理店で、沖縄の家庭料理を始め、旬の食材を使った日替わりメニューなど様々な沖縄料理を楽しむことができます。
中でもおすすめなのが、コース(定食)です。「ゆうなんぎいA定食2,800円」を注文すれば、様々な料理を少しずつ楽しむことができます。ボリューム的にも、2人前ほどある定食ですのでコストパフォーマンスも良好です。
カウンターと団体席の双方が用意されていますので、お一人様はもちろん、どなたでも安心して食事をいただくことができるでしょう。

③気候

冬季を除けば通年暖かいため、手軽にリゾート気分を味わうことができるのも沖縄の魅力の1つです。旅行先を決める際には、「暖かい場所でのんびり過ごしたい!」という意見が多いようで、こうした要望に答えることができるのは国内で沖縄のみ。やはり沖縄の気候が人々を寄せ付けているようです。

一人旅(ひとり旅)におススメなポイント!

沖縄本島はそれほど大きくないので、旅をしやすい!

沖縄本島をまんべんなく楽しもうとすると、やはりレンタカーを借りることをおススメします。
車の運転はちょっと・・・という方には少しハードルが高いかもしれませんが、レンタカー無しでももちろん、公共の乗り物(バスやモノレール)で十分に楽しむことができます。

フレンドリーな沖縄の人たち

沖縄に行くと、お店の人もみんなとてもフレンドリーでどこかのんびりとした雰囲気です。
特に地元のお店に入ると一人で来店している人も多く、一人でお店に入っても寂しい思いをすることなく楽しむことができるでしょう。

ちょっとしたふれあいが一人旅の醍醐味の1つだと思いますが、そんな一人旅の良さを感じやすいのが沖縄の魅力でもあります。

国内旅行ランキング第2位 沖縄離島

沖縄本島に次ぐ、国内旅行先ランキング2位は沖縄離島です。
宮古島や石垣島を代表とする様々な沖縄離島があり、どの離島も長期休暇時には非常に混雑します。同じ沖縄でも、沖縄本島とは違った魅力があります。それが以下の3つです。

①喧騒から離れた土地

沖縄離島が人々を魅了する、最も大きな理由は「閑静さ」にあるでしょう。
都会の喧騒から離れて、時間を忘れて旅行を楽しみたいという旅行客が多いようです。

こうした要望に答えられるのは国内でも沖縄離島だけ。沖縄本島ももちろん閑静な場所はありますが、一方で那覇市など賑やかな街もあります。こうした喧騒から離れたい旅行者が沖縄離島を旅行先に決めるようです。

都会の喧騒から離れた静かな場所はもちろん一人旅の恰好の場所でもあります。きれいな海に囲まれて、自分だけの贅沢な時間を思う存分楽しむことができるのは、まさに至福の時間になるはずです。

②海

幻の島、浜島(出典:Pixta 作者ykutan)

沖縄本島よりもさらに綺麗な海を求めて沖縄離島に来る方が多いです。
沖縄離島には、沖縄本島でも味わうことができないような綺麗な海が広がっています。例えば、幻の島と呼ばれている「浜島」がその1つ。
幻の島と言われるように、干潮時のみに姿を現す島で、360度見渡す限りのエメラルドグリーンと白い砂浜が絶景と人気を博しています。国内屈指の綺麗なビーチを目指す旅行客が多いようです。

③文化

沖縄といえば、玄関口にシーサーがいる赤レンガ屋根の集落を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
「おしゃれな赤煉瓦の集落を見たい!」と、沖縄離島を訪れる人も多いようです。
赤煉瓦集落が多く佇んでいる竹富島は沖縄離島でも人気な観光地の1つ。ここでは、レンタサイクルを楽しみながら、おしゃれなカフェや土産屋を巡る観光が人気です。
沖縄本島では見られない、沖縄離島独自の文化を楽しむことができます。

一人旅(ひとり旅)におススメなポイント!

一人の時間を思う存分に楽しむことができる!

沖縄本島に比べるとやはりアクセス面では多少の行きづらさはあるかもしれませんが、だからこそ離島で過ごす一人の時間は他では味わうことはできません。

誰にも気兼ねなく行きたい場所に行くことができる一人旅だからこそ、沖縄の離島を訪れて静かな時間を過ごしてみてください!

フレンドリーな島民とのふれあい

沖縄本島同様、沖縄の離島でもフレンドリーで温かい地元の人との交流を楽しむことができます。
一人旅の魅力にハマった!と言う人が、そのきっかけになった旅として離島の旅であることが多いのもきっとうなずけるでしょう。

国内旅行ランキング第3位 北海道

沖縄に次ぐ第3位は、広大な自然を持つ北海道です。
北海道最大の都市、札幌を中心に様々な観光スポットがあります。
温泉や自然、グルメなど、何度訪れても新しい北海道の顔を発見できる点が魅力的です!

①ダイナミックな自然

美瑛:青い池

やはり北海道の一番の魅力は何といってもダイナミックな自然でしょう。都市部から少し車を走らせると、目の前には広大な大地が広がっています。
緩やかな丘がはるか遠くまで続き、春から夏にかけてはまるで絨毯を広げたように鮮やかな花々が咲いたり田畑が広がっている景色は、ダイナミックながらもとても美しいです。
こんな景色が見られるのは、日本国内では北海道だけでしょう。

季節ごとに違った自然の魅力を味わうことができるのも魅力です。冬はオホーツク海の流氷、夏には大地いっぱいに広がるラベンダー畑など。

ぜひ季節ごとに違った顔を見せてくれる北海道の大自然を満喫してください!

②グルメ

北海道といえば、やはり海鮮の幸です。北海道で採れた新鮮なウニやカニといった高級食材を使った海鮮丼を一度は食べたいと、北海道を訪れる観光客は多いようです。
もちろん、北海道が誇るグルメ食材は海鮮だけでなくラーメンやジンギスカンなど様々です。国内有数の食材産地で様々なグルメを楽しむのも良いでしょう。

北海道観光で札幌を訪れた際にはぜひ立ち寄っていただきたいお店が「海味はちきょう」です。
こちらは海鮮料理のお店で、北海道の海の幸を存分に味わうことができます。
中でもおススメなのが、はちきょう名物の「元祖つっこ飯2,490円」で、最高級品のイクラをあふれんばかりにのせた丼物です。他にも刺身や焼き物が比較的安価で食べることができます。
札幌市すすきの駅から徒歩1分という好立地ですので、北海道札幌に立ち寄った際にはぜひ足を運んでみると良いでしょう。

店舗は4店舗あり、個室でゆっくり、カウンターで気軽にといったように店舗ごとに違った楽しみ方を提供してくれるのも嬉しいですね。一人旅で一人でふらっと入りやすい別亭おやじがおススメです。

北海道グルメは海鮮だけではありません。
スイーツ好きには北海道ならではの「しめパフェ」、夕張メロンやトウモロコシ、新鮮な牛乳を使ったソフトクリームやチーズなどなど、挙げるときりがないぐらいです。

国内ではグルメ好きにはたまらない旅行先ですね!

③温泉

登別:地獄谷

北海道は源泉も豊富にあるため、温泉が有名です。
特に、国内有数の温泉地として知られる登別温泉は、旅行者に人気な観光地の1つです。9種類にも及ぶ多彩な泉質と、湧き出し量1日1万トンという豊富な湯量を誇るのが登別温泉の特徴です。
札幌からもほど近い場所にあり、電車でのアクセスも可能で訪れやすいのも魅力的。北海道に足を運んだ際には、ぜひ一度登別温泉に訪れてみてはいかがでしょうか。

一人旅(ひとり旅)におススメなポイント!

自分に合った楽しみ方ができる!

ご紹介してきた通り、北海道の魅力はグルメや自然、温泉など多岐に渡るので、自分に合った一人旅をして楽しむことが可能です。

また、大自然が魅力の北海道では札幌のような都市部でもそれほど人の多さも気になりません。もちろん有名な観光地は連休は多くの人で賑わっていますが、ちょっと離れた自然の中は本当に静かで空気も新鮮です。

広い北海道はそれなりに日数もかかってしまいますし、一度の旅で全てを堪能するのは不可能です。

じっくりと何度も足を運んで一人旅を楽しむことができるのが北海道の魅力でしょう。

国内旅行ランキング第4位 博多

国内旅行ランキング第4位は、北九州福岡県の博多です。
東海道新幹線を利用すれば東京から博多まで5時間で行くことができるなど、交通の便が良い点が国内旅行で人気な理由の1つだと考えられます。
また、LCCを利用することで新幹線よりも安く博多に行くこともできます。そんな博多ですが、人気の秘訣は以下の3つでしょう。

①グルメ

博多が国内旅行ランキング上位に位置するのは、グルメが豊富にあるからでしょう。
博多ラーメンやもつ鍋、水炊きなどのグルメが有名です。また、博多といえば屋台が有名でその数は124店舗にも及びます。これは、日本の屋台の約40%を占める計算で、その数からも屋台が有名であることがわかります。
「一度は博多屋台街で博多のグルメを味わってみたい!」と連日観光客で賑わっています。

博多を訪れた際にぜひ立ち寄っていただきたい屋台が、「呑龍」です。
呑龍はラーメン屋台で、豚骨スープが有名なお店です。「THE博多ラーメン」を食べたい方はぜひ立ち寄ってみると良いでしょう。呑龍のラーメンは、細切りの昆布や絶品チャーシュー、とんこつのこってりさを引き締めてくれるネギがたくさん入って値段は700円。営業時間は18:00〜翌2:30ですので、夜食が食べたい時にもおススメできます。

②神社

太宰府天満宮(出典:Pixta 作者 エルドン)

博多の街はさることながら、博多は神社も有名です。
特に、太宰府天満宮は京都の北野天満宮と並び、全国の天満宮の総本山として有名です。太宰府天満宮は「受験の神様」と呼ばれていることから、連日修学旅行生で賑わっています。
九州・福岡を訪れた際には、ぜひ参拝しておきたい神社です。

③温泉

別府:赤池地獄

北九州といえば、温泉というイメージがあるのではないでしょうか。大分県の由布院や別府温泉など、様々な地域で源泉が湧き出ています。博多まで旅行に行く際には、ぜひこうした有名温泉を訪れたいですよね。もちろん、博多にも多くの日帰り温泉がありますから、博多近辺で温泉を楽しむことができます。

一人旅(ひとり旅)におススメなポイント!

都市部を拠点に旅をしやすい!

博多は九州一の大都市ということもあり、ゲストハウスのような安宿も多く一人旅をしやすい場所でもあります。

博多でグルメを満喫した後は、別府や糸島と言った人気の観光地に足を運んでみるのも良いでしょう。

国内旅行ランキング第5位 京都

国内旅行ランキング第5位は、京都です。
京都には様々な観光スポットが点在しており、何度訪れても楽しむことができます。旅行者の多くは大阪とセットで京都を観光するようですが、京都だけをみてもその魅力は多岐に渡ります。その魅力は以下の3つです。

①寺院&神社

京都にはお寺や神社が数多くあるため、寺院&神社の観光は欠かせません。
京都の代名詞とも言える「金閣寺」をはじめ、清水寺や北野天満宮など様々な有名場所が存在します。
最近は、「インスタ映えする!」と京都の伏見稲荷神社が人気を博しており、日本人観光客のみならず多くの外国人観光客も参拝しています。様々な寺院や神社があるため、「どこに行こうか」と観光スポットに困ることはまずないでしょう。

②京菓子

京都で雰囲気バツグンのスターバックス

京都には、京菓子などのスイーツを観光目的に訪れる旅行客の方が多いようです。
京菓子といっても、老舗のお店からインスタ映えするようなおしゃれなカフェまで様々ですので、年代を問わず楽しむことができる点も良いです。また、お店によっては京菓子を体験型で楽しむこともできます。
例えば、「亀屋良長 本店」では和菓子作りを体験することができ、出来上がったお菓子をお茶とともにいただくことができます。京都の文化に触れられると、京菓子は海外の方はもちろん、日本国内の方々にも人気のようです。

③ショッピング

夜の鴨川

京都に行ったら欠かすことができないのが、ショッピングではないでしょうか。
ショッピングをするなら、京都の実質的な中心地である河原町駅近辺がおすすめです。鴨川に架かる橋、三条大橋でピンと来る方も多いのではないでしょうか。
風情ある老舗店舗が軒を連ねており、その街並みは観光客に大変人気な観光スポットです。河原町周辺には、JR京都伊勢丹京都マルイ京都タカシマヤなどのデパートが点在しています。デパートの中には京都の限定工芸品などを販売しているフロアもありますから、ショッピングをしたい観光客におすすめなスポットです。
河原町は、ショッピングだけでなく、着物をレンタルして街を散歩したり、鴨川のほとりでのんびり過ごすのにも向いています。京都旅行では外せない場所ですね。

一人旅(ひとり旅)におススメなポイント!

大都市で旅をしやすい上に楽しみ方も豊富!

京都は日本国内でも有数の大都市ですので、アクセス抜群ですし、京都市内も地下鉄やバスが頻繁に走っていることから移動もしやすいです。
また、海外からも多くの観光客が訪れていることもあり、宿泊先に困ることもありませんし、リーズナブルでオシャレなホステルもたくさんあるのも嬉しいポイントです。

修学旅行などで一度は訪れたことがある方も多い京都ですが、大人になって一人旅をしてみると違った発見もたくさんあることは間違いないでしょう。

まとめ

今回は日本国内の旅行先ランキングBEST 5についてご紹介してきました。いかがだったでしょうか。
日本は行く先々で違った文化や雰囲気を味わえるため、どこに行っても楽しい経験ができます。今回のランキングでご紹介した旅行先はほんの一部にすぎませんし、いずれも王道の観光スポットですので「ランキングに入るのは当たり前」と思われる方も多いでしょう。

ですが、人気の観光地であるからこそ魅力もたくさんあるのも事実ですし、一人旅で気軽に訪れることができる場所でもあります。

テレビなどで紹介されることも多い場所ばかりで良く知っているという方は、新しい発見や違う楽しみを求めて、一人旅にまだまだ不安の残る方はぜひ旅を気軽に楽しむために、ぜひ次の旅の候補に考えてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)