三浦半島「みさきまぐろきっぷ」を使った日帰り旅!

いろいろな旅人のひとり旅をご紹介する「みんなのひとり旅」。

今回は、毎回素敵な列車の旅を楽しまれている「まさ」さんのひとり旅をご紹介!

「みさきまぐろきっぷ」という、切符に食事券などのお得な特典が付いた切符を使っての、日帰り三浦半島の旅をお届けします!

三崎口のほか、鷹取山、城ケ島、横須賀などの情報も盛りだくさんです!

 

旅のプロフィール
旅人のご紹介
ニックネーム まさ
年齢、性別 30代後半、男性
ひとり旅経験 2~3回/国内・海外ともによく行く
訪れたことのある国内都道府県 47(全都道府県制覇!)
訪れたことのある国 アメリカ、オーストラリア、韓国、中国、モロッコ、ペルー、エジプト、トルコ、カナダ、香港、マカオ
好きな旅のテーマ 世界遺産、自然
ひとり旅のスタイル ・宿泊場所は個室で、なるべく安く泊まることができるビジネスホテルなどを利用することが多い。

・予算も含めて、旅先のスケジュールも、必ず訪れたい場所を周る予定まで決めます。

はじめてのひとり旅の思い出 はじめての一人旅は、15歳の時。予定していた家族旅行が中止になり、だったら一人で行ってしまおうと思いたって行ったのが最初でした。
よく利用する路線の、最も遠くまで行く列車の終点までを往復するという鉄道の旅で、この列車がこんな遠くまで走ってるんだ~みたいに感じたのを覚えています。今でもある、関東を走る東武線の浅草発(東京都) 会津田島行き(福島県)の列車です。 そんなキッカケから旅が始まりました
これまでの旅

【群馬・長野県】春の軽井沢ぶらり歩きひとり旅!(1日目:横川駅~軽井沢)
【群馬・長野県】春の軽井沢ぶらり歩きひとり旅!(2日目:軽井沢)

【千葉県】一面の菜の花畑が美しい、房総半島横断 ローカル鉄道の旅!(その1)
【千葉県】一面の菜の花畑が美しい、房総半島横断 ローカル鉄道の旅!(その2)
【千葉県】一面の菜の花畑が美しい、房総半島横断 ローカル鉄道の旅!(その3)

【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(1日目)
【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(2日目)
【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(3日目)
【北海道】特急列車乗り放題で行く、北海道縦断の旅!(最終日)

この旅のプロフィール
移動手段 鉄道
旅程 4月22日(土)
予算 交通費:4,300円(うち、みさきまぐろきっぷ:3,060円)

食費等:1,300円(みさきまぐろきっぷ利用の昼食、日帰り温泉除く)

 

 

三崎口まで

三浦半島の先端へ!

今回は、京浜急行電鉄(京急)から発売されているヒット商品「みさきまぐろきっぷ」を使用して、三浦半島の先端 “三崎” を、日帰りですが旅してみたいと思います。

時刻は朝6時すぎ。

まずは、品川始発「特急 三崎口行き」の列車で、一気に三浦半島まで行っちゃいます!
この列車、追加料金(特急料金等) なしで 乗車できます☆

乗車券のみで乗れるにもかかわらず、車内は 有料特急と言っても 過言ではない程。
ならば、スピードがたいした事ないのかと思いきや、気持ちいいくらいの加速と 飛ばしっぷりです!

これが車内。

この設備を乗車券のみで乗れるなんて、関東の鉄道としては 気前がいい☆

一番 先頭の席からは、前方の眺めを座った状態で楽しめます☆

知らなかったぁ・・・

こちらが今回使用する「みさきまぐろきっぷ」

・三崎口駅までの往復乗車券(鉄道)に、三崎エリアのバス乗車券(乗り放題)
・約30店舗の中から選べる まぐろ料理のお食事券
・温泉やレジャー施設などの施設利用券

の3枚がセットになって3,060円!(品川からの場合)

品川と三崎口を単純に往復するだけでも1,860円するので、現地で1,200円以上の事をすれば、おトクという事に!
これはスゴい・・・

という事で、まずは三浦半島の入口付近(?)、追浜駅で途中下車☆

「みさきまぐろきっぷ」は、券売機で普通に買えます。

「よこすかグルメきっぷ」なるものなどもありますね!
こちらも気になります。。

横須賀の超個性派B級グルメ「ポテチパン」

途中、追浜(おっぱま)駅で途中下車。

「みさきまぐろきっぷ」は、三崎口駅までの道中、途中下車ができるんです☆

これは嬉しい!
三崎以外のスポットにも立ち寄れるワケですね!
そんでもって、朝食がてら頂いたのがコレ。

追浜駅から 徒歩数分の所にある、北原製パン所というパン屋で購入。
こちらのお店では「ポテトチップサンド」という商品名で売っていました。

ポテチは少々甘めの味付け。
朝6時から営業しているので、三浦半島に向かう前に立ち寄るにはうってつけです。

こちらが店頭。昭和の雰囲気漂うお店です。

国道16号沿いにあります☆

鷹取山プチ登山

鷹取山の山頂からの眺め☆

住宅街のすぐ隣りにある標高139mの小さな山です。
とは言え、一歩登山道に入ると、垂直に切り立った岩壁や岩に掘られた仏像など、別世界が広がってます☆

 

 

 

住宅街の一画にある 鷹取山入口から少し歩くと、垂直に切り立った岩壁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩に掘られた仏像。

まさか、市街地のすぐ近くにある小さな山に、こんなものがあるとは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本一低い鉄塔(送電線) by東京電力

高さ約10mの可愛らしい(?)鉄塔です。
ちょうど峠の位置にあり、この程度の高さで済んだって事でしょうか?

行きは「追浜駅」からのルートで来たので、帰りは1駅先の「京急田浦駅」へのルートを進んでいます。
次はいよいよ、まぐろを食します☆

三崎口

三崎口駅:お店の混雑状況が確認できる☆

11時すぎに、三崎口駅に到着!

改札手前のディスプレイでは「みさきまぐろきっぷ」の食事券で利用できる、まぐろ料理店の混雑状況が確認できる☆
不明を表す“?”が表示されてる店も多いが、このきっぷに対する京急のやる気を感じさせます。

三崎港へは、ここからバスで20分程かかるかな。

土曜のお昼時という事もあり、バス停には長蛇の列。
バスは超満員での発車となりました。

三崎港でマグロを食す☆

今回選んだお店は、三崎港バス停や産直センターの近くにある鮮味楽さん。

赤身、中トロ、中落ち、ビンチョウなど、様々な種類のマグロをド~ンと丼物で頂きました☆
新鮮な中トロが食べれて幸せです!(スーパーの半額以下で売られている物ならたまに食べますが)

まぐろきっぷ専用の丼物らしく、注文時には食事券を渡すだけでOK。
提供までの時間も早く、トイレに行っている間に配膳されてました。

店頭の様子。

店に着いた時は、お昼時という事もあり、5組14人が入店待ちの状態でしたが、座席数も多く、そこから食事をして店を出るまで20分ちょっとでした。

カウンター席もあります。

城ケ島

城ヶ島からの海の眺め

バスで城ヶ島大橋を渡って、三浦半島の先端「城ヶ島」へやって来ました。
遠くに「馬の背洞門」が見えます。

つかの間かもしれませんが、晴れ間が見えて ホッコリしています。

西側の城ヶ島灯台から、西側の城ヶ島公園までは、ハイキングコースが整備されています。
道自体は単調ですが、高台にある為、所々に海を見下ろせるスポットがあって、個人的には退屈しません☆

高台にあるハイキングコース。

道の両端には草が生い茂っていて、探検気分で楽しみながら歩けそうです。

ネコと触れ合える?城ヶ島公園

園内でのんびりくつろぐネコちゃん達が見られる☆
という事でやって来ましたが、今日は土曜日で沢山の人達が公園を訪れ賑やかすぎるせいか、ネコちゃん達の姿は全くない。。

犬の散歩をしている人が多いのも要因の1つかな?

結局、写真に収められたのは、このクロちゃん1匹だけ。
ネコちゃんに会うなら、人の少ない平日の方が良いかもです。

人に対する警戒心は、あまりなさそうです。

なめるとしょっぱい!油壺の湯

城ヶ島を後にし、油壺(地名)にやって来ました。

まぐろきっぷの施設利用券を使用するのは、ココ!
ホテル「観潮荘」での日帰り入浴☆

ここは、海を見下ろすオーシャンビューの露天風呂が素晴らしい!
また、ここの湯はなめるとしょっぱい!

海水をくみ上げて、ろ過した“海洋泉”を使用している為で、要は海水なので、塩化ナトリウムやミネラルがたっぷり!
お陰で傷口にしみます。
心の傷には平気みたいです!

浴室の写真は撮れないので、パンフの写真をコメントとして載せておきます。

横須賀

横須賀限定!ココイチの海軍カレー

横須賀市内にある3店舗のみで提供されている、カレーハウスCoCo壱番屋の横須賀海軍カレー☆
横須賀中央駅で途中下車して、来店しました。

具沢山なのは追加でトッピングしたワケではなく、これが海軍カレー☆
じゃがいも、人参、玉ねぎがどっさり入っていて、食べ応えがあります。
お肉はビーフとチキンの2種類から選べて、今回注文したのはビーフの772円!

最初、サラダとアイスミルクの付いたセットのみでの提供かと思いましたが、海軍カレー単品での注文もできるます。
牛乳が苦手な身としては助かった。

ココイチによると、海軍カレーとは、
「揚げたての玉ねぎを、ルーと合わせて煮込む事で生まれる風味豊かな味わいにある」
のだとか。

ちなみに、ココイチは24時間営業ではなく、開店は11時なので注意です。

スカレー君の持っているカレーは、確かに具沢山ですね!

締めは、 横須賀らしく ライトアップされた軍艦

海上自衛隊横須賀基地に停泊中の軍艦が、綺麗にライトアップされてました。
観光客の為か、業務上の為かは分かりませんが、これにて帰路に就く事にします。

さて、今回の「みさきまぐろきっぷ 3,060円」についてですが、

・品川駅から三崎口駅までの往復乗車券(鉄道)
・三崎エリアでのバス移動
・まぐろ丼
・日帰り入浴

今回、鉄道とバスでの移動だけで、3,000円近くに達してしまっているので、考え方によっては、まぐろ丼と日帰り入浴は、ほぼタダ同然で提供して頂いたに等しい結果に。
それだけ、おトクなきっぷなのです。

実際、三崎エリアでバスに乗っている観光客の大半が「みさきまぐろきっぷ」を使用しているのがわかりました。
「京急(列車)で 三崎へ行くのなら、みさきまぐろきっぷ」
という考えが、すっかり定着しているように感じました。

まささんからのコメント

列車(京急)で、三崎へ行くなら「みさきまぐろきっぷ」は、絶対におトクです!

品川発の場合、普通に三崎港まで行って帰ってくるだけでも、
品川←(列車)→三崎口駅:1,860円
三崎口駅←(バス)→三崎港:600円
の 合計¥2460かかります。

あと600円追加して、みさきまぐろきっぷを使用すれば、交通費に加え「選べるまぐろ食事券」に「選べるレジャー施設利用券orお土産券」が付いてくるので絶対におトクです☆
バスで城ヶ島まで足を運ぼうものなら、交通費だけで ほぼ元がとれる計算です!

まぐろ料理店とレジャー施設も、数ある中から選べるので、内容を変えて何度か足を運ぶのも良いかもしれません。
ただ、利用したい店舗の定休日や営業時間には注意が必要。

あと、今回で言えば 品川駅と三崎口駅とを移動する際に途中下車ができる点も注目です。
今回はそれを利用し、行きは追浜駅で下車し、鷹取山プチ登山を!
帰りは横須賀中央駅で下車し、海軍カレーを頂き、ライトアップされた軍艦を見物しました。
三崎エリア以外の観光もできちゃうんです☆

 

いかがでしたでしょうか。

三崎口までは、途中下車もできるので、旅の楽しみ方がぐんと広がりますよね!

ぜひ、まささんの旅をご参考に、みさきまぐろきっぷを利用したお得な旅を楽しんでください!

まささんの旅へのご感想も、メッセージ頂けると嬉しいです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)